Rakuten infoseek

辞書

スピカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スピカ
Spica
おとめ座α星 (α-Vir) の固有名で,最輝星の一つ。美しい青白色の1等星。実視等級 0.96等,スペクトル型は B1の矮星。距離約 250光年。分光連星アルクトゥールスの大星に対して,小角あるいは角とも呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スピカ(〈ラテン〉Spica)
乙女座α(アルファ)星晩春ころに南の空に輝く白色の1.0等星で、距離250光年の分光連星和名は真珠星。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

スピカ
羽海野チカによる漫画作品。バレリーナをめざす少女と怪我のため野球を諦めた少年の交流を描く。『flowers』2002年10月号に掲載。白泉社花とゆめコミックス全1巻。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スピカ【Spica】
おとめ座のα星。この名はラテン語で麦などの穂を意味する。おとめ座は,正義の女神アストライア,穀物神デメテルの娘ペルセフォネ,あるいはデメテル自身の姿に見立てられ,スピカは女神の手にした麦の穂の位置に輝いている。おそらく西欧古代において,この星の出没が麦その他の穀物の収穫期を認知するのに使われたと思われる。日本では同じ春の1等星の一つアークトゥルスに〈麦星〉の名があるが,この星の和名は広まっていない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スピカ【Spica】
乙女座のアルファ星。白色の1.0等星。距離260光年。春の宵、南の空に見える。中国名は角。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スピカ
すぴか
Spica
おとめ座のα(アルファ)星の固有名。スピカとはラテン語で「小麦の穂」の意で、正義の女神アストライアが左手に持つ小麦の穂の位置にあたる部分にある。アラビア名はアジメクAzimechで「守られていない」の意。実視等級は0.97等(変光している)、色指数(BV)はマイナス0.23等(天体の色を表す指標の一つで、青色B等級から実視V等級を引いたもの)。春の夜空に青白く輝く恒星。2000年の天球上の位置は、赤経13時25分12秒、赤緯マイナス11度09.7分。毎年4月15日ごろ真夜中に南中する。視差は12.4ミリ秒角で、地球からの距離は262光年である。固有運動は53ミリ秒角/年、視線速度は1キロメートル/秒。スピカは公転周期4.01日の分光連星である。主星は、スペクトル型B1またはで、質量は太陽の11倍、半径は太陽の7.8倍、表面温度は2万4500K(ケルビン)、自転速度vv sin i=161キロメートル/秒(iは地球から見た星の自転軸傾斜角)。伴星はスペクトル型B2~4で、質量は太陽の7倍、半径は太陽の4倍、表面温度は1万7000K、自転速度vv sin i=70キロメートル/秒。連星の軌道傾斜角(地球から見た公転軸の傾き)は66度、軌道離心率は0.15、また周期128年で近星点移動をしている。主星は、星の形状が楕円(だえん)体でそれに伴う変光のほかに、ケフェウス座β(ベータ)星型の脈動変光が加わっている。線スペクトルの形も種々のモードの非動径振動(星が球形からずれて揺さぶられる振動)のため複雑に時間変化している。紫外線が観測されている。[山崎篤磨]
『藤井旭著『春の星座』(1989・金の星社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スピカ
(Spica 麦の穂の意) おとめ座にある白色一等星。春の宵、南天に輝く。中国名は角(かく)
※南蛮更紗(1924)〈新村出〉星月夜「東方からは牧夫座の大角(アルケトウルス)や乙女座の角(スピカ)がのぼってゐたらう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スピカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スピカの関連情報

関連キーワード

広目天増長天崇高にして英雄的なる人おとめ座(乙女座)広目天増長天カジンツィ世界のおもなアカデミーマヘンドラ・ビル・ビクラム

他サービスで検索

「スピカ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.