Rakuten infoseek

辞書

スパン

デジタル大辞泉

スパン(span)
ある時間の幅。「10年のスパンで考える」
梁(はり)・アーチ・橋梁(きょうりょう)などの、支点柱と支点柱との間の距離。梁間(りょうかん)。径間支間。わたり。
翼幅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

スパン
流れと直角方向に測った,横列リップル(transverse ripple)の先端の間の水平距離[Allen : 1968].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

スパン

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

スパン
翼幅。 左右の翼端どおしの距離のこと。 アスペクト比参照

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

スパン【span】
はり・小屋組み・アーチ・橋などの、支点間の距離。梁間はりま。支間。径間。わたり。
飛行機の、翼端から翼端までの長さ。翼幅。
時間的な間隔。期間。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

スパン【span】
梁(はり)・アーチなどの支柱間の距離。◇「梁間(はりま)」「わたり」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スパン
すぱん
span
(はり)、桁(けた)、アーチ、トラスの相隣る2個の支点間の距離、またはシェル構造、空気膜構造、吊(つ)り屋根構造のように、柱のない大空間を覆う屋根構造の周辺支持構造物の最大幅やそれと直交する方向の幅をいう。「スパン20メートルのアーチ」などといい、構造物の大きさを示す語句に用いられる。大空間を覆う屋根構造を大スパン構造という。本来は支持体間の内法(うちのり)寸法を意味するが、その心心距離(中心から中心まで)をさす場合もある。[中村恒善]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スパン
〘名〙 (span)
① 梁(はり)、アーチなどの支点間の距離。支柱から支柱までの間隔。橋脚から橋脚までの距離。径間。わたり張り間。
※風俗画報‐一六五号(1898)人事門「スパンとは橋台より橋台に至る間を云ふ」
② 飛行機の両翼の端から端までの間隔。翼スパン。翼幅。翼長
③ ある時間の幅。期間。
④ 歩幅や、手の指を伸ばした長さをいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スパン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スパンの関連情報

他サービスで検索

「スパン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.