Rakuten infoseek

辞書

スバル360 K111型

日本の自動車技術240選

スバル360 K111型
当時の軽自動車の法的枠組みの中で、大人4人がゆったりと乗れ、しかも、乗心地の良いサスペンションを搭載した愛称『てんとう虫』は、市場で高い評価を受け、黎明期の日本のモータリゼーションの発展に貢献した。保管場所富士重工業株式会社群馬製作所本工場内スバルギャラリー (〒373-8555 群馬県太田市東本町10-1)
製作(製造)年1958
製作者(社)富士重工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(静態)・公開
車名スバル360
モデル名K111型
会社名富士重工業株式会社
製作開始年1958
車種・用途軽乗用車
実車所在/模型スバルギャラリー(太田)
スタイルセダン
ドア数2ドア
乗員4名
車両重量385kg
エピソード・話題性てんとう虫の愛称で長く親しまれた。
全長2,990mm
全幅1,300mm
全高1,380mm
タイヤサイズ゙4.50-10-2PR
特徴航空機技術から生まれた軽量堅牢モノコックボディ、外力に強い卵の形を斜体設計に応用。
前軸トレーリングアーム式
後軸スイングアクスル式
軸距1,800mm
ステアリングラックピニオン式
特徴・スバルクッションと呼ばれる乗り心地の良い四輪独立懸架。・切れの良いラック&ピニオンステアリング方式
冷却/気筒配列空冷/並列2気筒
気化器横向通風式
内径x行程61.5×60mm
排気量356cc
最高出力/回転数16/4,500(PS/rpm)
燃料タンク容量20L
特徴高性能で耐久性に優れた空冷2サイクルエンジン。
ハイブリッドシステム形式なし
変速機前進3段・後退1段
駆動方式RR
モード燃費-
参考文献・『てんとう虫が走った日』グランプリ出版発行 ・富士重工技術人間史『スバルを生んだ技術者たち』 ・富士重工業30年史
その他事項足ブレーキ:油圧式4輪制動;手ブレーキ:機械式後2輪制動;最高速度:83km/h;

出典:社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スバル360 K111型」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スバル360 K111型の関連情報

他サービスで検索

「スバル360 K111型」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.