Rakuten infoseek

辞書

ストロンチウム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ストロンチウム
strontium
元素記号 Sr ,原子番号 38,原子量 87.62。周期表2族,アルカリ土類金属の1つ。2価の陽イオンになりやすい。 1808年に H.デービーが分離に成功し,スコットランドの町ストロンチアンにちなんで命名された。天然には天青石 (硫酸塩) ,ストロンチアン石 (炭酸塩) として産出。地殻平均含有量 375ppm,海水中の含有量 8100μg/l 。単体は銀白色の金属,面心立方構造。比重 2.6,融点 757℃。空気中ではすぐに酸化され,黄色の酸化物フィルムを表面に形成する。微粉は空気中で自然発火。酸に易溶。水,メチルアルコールエチルアルコールアニリンなどとも反応し,水素を発生する。赤色の花火,閃光信号に使用される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ストロンチウム(strontium)
アルカリ土類金属元素の一。単体は銀白色の金属。水と激しく反応して水素を発生。炎色反応深紅色で、花火に使用。人工放射性同位体ストロンチウム90は、核分裂生成物の主成分の一。半減期28.8年でイットリウム90となる。動物体に入ると骨に沈着し造血機能をおかす。工業的に製造されてβ(ベータ)線源に利用。元素記号Sr 原子番号38。原子量87.62。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ストロンチウム
 原子番号38,原子量87.62,元素記号Sr,2族(旧IIa族)の元素.アルカリ土類金属.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ストロンチウム【strontium】
周期表元素記号=Sr 原子番号=38原子量=87.62地殻中の存在度=375ppm(14位)安定核種存在比 84Sr=0.56%,86Sr=9.86%,87Sr=7.02%,88Sr=82.56%融点=769℃ 沸点=1384℃比重=2.6(20℃)電子配置=[Kr]5s2 おもな酸化数=II周期表第IIA族に属するアルカリ土類金属元素の一つ。スコットランドのストロンチアンに産する鉱物ストロンチアン石(炭酸ストロンチウムSrCO3を主成分とする)から,1790年にイギリスのクローフォードAdair Crawford(1748‐95)によって発見されたのでこの名がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ストロンチウム【strontium】
2 族元素(アルカリ土類金属)の一。元素記号 Sr  原子番号38。原子量87.62。銀白色のやわらかい金属。炎色反応は深赤色を呈する。天然には炭酸塩・硫酸塩として産する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

ストロンチウム
軟らかく銀白色のアルカリ土類金属で、原子番号は38、元素記号はSr。 塩化ストロンチウムは花火や発煙筒などに、炭酸ストロンチウム陰極線管のガラスやフェライトなどの磁性材料などに用いられており、現代社会で欠かすことのできない物質となっている。人工的に作られる放射性同位体としてストロンチウム90があり、体内に入ると骨に蓄積し放射線を出し続ける。放射線の半減期は28.8年で、生体に対し大きな危険性を持つ。2011年の福島第一原子力発電所事故でも放出され、周辺各地で観測されている。
(2012-07-25)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ストロンチウム
すとろんちうむ
strontium
周期表第2族に属し、アルカリ土類金属元素の一つ。18世紀末スコットランドのストロンチアンの鉛鉱山で採掘されたストロンチアン石(初めは炭酸バリウムと考えられていた)から、1808年イギリスのH・デービーによって単体として取り出され、発見鉱物にちなんでストロンチウムと名づけられた。地殻中の存在量は同族のカルシウムよりはるかに少ない。天青石(てんせいせき)SrSO4、ストロンチアン石SrCO3などとして産出するが、他の同族元素の鉱石(重晶石BaSO4、あられ石CaCO3など)にも少量混入している。[鳥居泰男]

製法

酸化ストロンチウムをアルミニウム粉末とともに加熱還元して蒸留する(純度99.6%)か、塩化ストロンチウムを単独または他の塩化物を添加して融解電解する。1000℃で再蒸留すると高純度のものが得られる。[鳥居泰男]

性質

銀白色の金属で、比較的軟らかい。新しい切り口は金属光沢をしているが、空気中でしだいに錆(さ)び、灰白色の酸化被膜を生ずる。水とはかなり激しく反応し、水素を発生して水酸化ストロンチウムとなる。水銀とはアマルガムをつくる。通常、2価の陽イオンとして化合物をつくる。[鳥居泰男]

用途

同族の他の元素に比べ用途が狭く、特殊合金や真空管のゲッター用材料が主要なものである。硝酸塩は、その深紅の炎色を利用して花火や信号灯に用いられる。[鳥居泰男]

ストロンチウム90

質量数90の放射性同位体で、核分裂生成物の主成分の一つとして原子炉内で生成する。半減期29年でβ(ベータ)崩壊して、半減期64時間のβ放射体イットリウム90に変わる。β線源およびトレーサーとして利用される。核爆発実験で生成し、大気中に放出されたものが人体に入ると、カルシウムとともに骨に集まり、長期にわたって造血臓器を冒すことになるので、人体にとってはもっとも危険な放射性核種の一つである。[鳥居泰男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ストロンチウム
〘名〙 (strontium スコットランドの地名ストロンチアン Strontian から) アルカリ土類金属の一つ。元素記号 Sr 原子番号三八。原子量八七・六二。銀白色、正方晶系結晶。一七九〇年、A=クローフォードが発見。天然にはセレスタイト・ストロンチアン石中に存在する。合金元素、真空管のゲッター、銅合金の脱酸剤などに用いられる。〔気海観瀾広義(1851‐58)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ストロンチウム
ストロンチウム
strontium

Sr.原子番号38の元素.電子配置1s22s22p63s23p63d104s24p65s2の周期表2族元素.原子量87.62.4種類の安定同位体(84Sr,86Sr,87Sr,88Sr)と14種類の放射性同位体の存在が知られている.1790年A. Crawfordが鉱石中に炎色反応により見いだしたが,1808年H. Davy(デイビー)が電解によりはじめて単離した.Crawfordが炎色反応を観測した鉱石は,スコットランドのStrontian近くの鉛鉱山で見いだされたSrCO3鉱物で,strontianite(ストロンチアン石)と命名され,これをもとにDavyが元素名strontiumを1808年に提案した.重要な鉱石としては,天青石(セレスタイト)SrSO4,ストロンチアン石SrCO3などがある.地殻中の存在度260 ppm.酸化物のテルミット法によるか,塩化物の融解電解により得られる.蒸留により精製する.銀白色の軟らかい金属.密度2.63 g cm-3(20 ℃).面心立方格子構造.格子定数a = 0.605 nm.融点770 ℃,沸点1384 ℃.炎色反応は紅赤色.化学的性質はカルシウムおよびバリウムに似てその中間の性質を示す.空気中では常温で表面が酸化皮膜で覆われる.高温で酸素,ハロゲン,炭素,ケイ素,窒素,硫黄と直接化合する.水素とは常温で水素化物をつくる.水銀とアマルガムをつくり,多くの金属と合金をつくる.酸に溶けてストロンチウム塩を生じる.水とはげしく反応して水素と水酸化ストロンチウムを生じる.特殊合金,真空管のゲッター,鋳物の品質改良に添加される.90Srは半減期28 y で核分裂生成物の一つである.β線源としてβ線厚み計に利用される.[CAS 7440-24-6]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ストロンチウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ストロンチウムの関連情報

他サービスで検索

「ストロンチウム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.