Rakuten infoseek

辞書

ステッキ

デジタル大辞泉

ステッキ(stick)
西洋ふうのつえ。
活版印刷組版で、活字所定の長さに組み並べるのに使う小工具。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ステッキ
英語stickのなまりで,洋風の杖をいう。ヘロドトスによれば,古代バビロニアですでに精巧な彫刻を施したステッキが用いられていた。中世には王や聖職者表徴として,また市民の実用品として用いられた。17世紀から19世紀にかけて,イギリスではスナッフ・ボックスsnuff box(かぎタバコ入れ)とともに,紳士の最も重要なアクセサリーと考えられていた。とくに休日の散策や礼装には欠かせないものとされた。フランスでは女性の散歩のさいのアクセサリーとして流行した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ステッキ【stick】
(西洋風の)杖つえ
植字工が使用する方形の道具。片手にこれを持ち、一方の手で活字を組み並べ、いっぱいになればゲラに移す。
競馬で、騎手の使う鞭むち

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ステッキ
すてっき
stick
(つえ)のこと。英語の発音スティックの訛(なま)り。歩行時に体のバランスをとるための実用的なもの、身分や位を表徴するもの、装飾的なものなどがある。材料としては、籐(とう)(ケーン)、トネリコ、竹、桜などが用いられる。
 すでに古代エジプトやオリエントの遺物のなかにみられ、王や神の尊厳や威光のシンボルとしても用いられた。中世においては、君主や僧侶(そうりょ)の表徴として不可欠であった。貴婦人のアクセサリーとしては11世紀に出現し、18世紀には、ロココ調の細くて高いヒールの靴にあわせて全盛をみた。男性用籐杖(とうづえ)は16世紀からで、17世紀にはフランス紳士の重要なアクセサリーとなったが、ステッキの流行は19世紀の末までで、20世紀に入ると、実用的なもののみが残るに至った。
 日本では、古くは、先が二またになった鹿(かせ)杖と、撞木(しゅもく)のような形をした、T字形の横首杖(撞木杖)があった。また竹の撞木杖の頭に鳩(はと)形のものをつけた、宮中から長寿者に贈られる鳩杖(はとのつえ)があった。このほか、刑具(笞(ち)、杖(じょう)の罰用)、仏具(錫杖(しゃくじょう)や金剛杖)、祭具(卯杖(うづえ))、武器(仕込杖)などとして用いられてきたが、近世では杖は外出時のアクセサリーとなり、1887年(明治20)ころより洋杖にとってかわられた。[田村芳子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ステッキ
〘名〙 (stick)
① 洋風の杖。
※開化自慢(1874)〈山口又市郎〉初「鳶合羽で洋角燈を提て、ステッキをついて出てくる」
② 印刷組版の植字工が使用する道具の一つ。鉄・真鍮(しんちゅう)・アルマイト・プラスチック製などの一種の箱で、植字工が一ページ大の版を組む際に、左手にこのステッキを持ち、手元で適量ずつ組版し、ゲラに移していくのに用いる。〔舶来語便覧(1912)〕
③ =スティック
※朱と緑(1936)〈片岡鉄兵〉純情秘戯「化粧品売場で口紅のステッキを買ってゐた若い娘は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ステッキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ステッキの関連情報

他サービスで検索

「ステッキ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.