Rakuten infoseek

辞書

スチール

デジタル大辞泉

スチール(steal)
[名](スル)《盗む・奪うの意。「スティール」とも》
野球で、盗塁すること。「二塁スチールする」「ダブルスチール
バスケットボールで、相手の持っている球を奪うこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチール(steel)
《「スティール」とも》はがね。→鋼(こう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチール(still)
映画の中の一場面を表した写真。宣伝用などに使う。スチール写真スチル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

スチール
鋼の事。鉄を主成分にする合金を指し、鉄の持つ性能(強度靭性磁性耐熱性など)を人工的に高めたもの。炭素含有が0.3%?2%以下のものの総称である。建築物では、構造体外壁建具等さまざまで使用される金属

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

スチール【steal】
スル
盗むこと。盗み取ること。
野球で、盗塁。 ホーム

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチール【steel】
鋼鉄。はがね。 サッシ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチール【still】
静止画像、また、写真。
映画の宣伝用などに使う写真。スチル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

スチール
すちーる
Andr Stil
(1921―2004)
フランスの小説家。北フランスの炭坑の出身で、小学校、高等中学校の教師を経て新聞記者、のちに1950年フランス共産党の機関紙『ユマニテ』の編集長。第二次世界大戦後、マーシャル・プランに基づくアメリカのヨーロッパ支配に抵抗するフランス港湾労働者の闘いを描く長編『最初の衝突』Le premier choc(1951~53)でスターリン文学賞を受ける。ほかに短編集『セーヌ号の出帆』La Seine a pris la mer(1950)や、故郷である北フランスの炭坑労働者の生活を描いた多くの作品がある。[稲田三吉]
『河合亨訳『最初の衝突』全3冊(新日本文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スチール
〘名〙 (steal) 野球で、盗塁のこと。
※若いセールスマンの恋(1954)〈舟橋聖一〉六「ランナーに出て、二塁から三塁を盗むスチールの素早さは、敵の投手をよく苦しめた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチール
〘名〙 (steel) 鋼鉄。はがね。
※講学余談‐三号(1877)「今識別して三とす。曰く生銕(カストアイロン)、熟銕(ロードアイロン)、鋼銕(スチール)是なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチール
〘名〙 (still) 写真。映画(ムービー)に対する語。とくに映画の一場面を表わした、宣伝用の写真。映画のフィルムとは別に撮影することが多い。スチール写真。
※道頓堀通(1930)〈日比繁治郎〉道頓堀の解剖「外国映画のスチールを焼増して、ファンへ頒布する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチール
(Sir Richard Steele サー=リチャード━) イギリスのジャーナリスト、劇作家。「タトラー」「スペクテーター」「ガーディアン」を創刊、イギリス初期ジャーナリズムに貢献した。喜劇「やさしい夫」「さめた恋人」などがある。(一六七二‐一七二九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スチールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.