Rakuten infoseek

辞書

スチルブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スチルブ
stilb
輝度の CGS単位。記号 sb。SI単位との関係は 1sb=1cd/cm2=104nt (ニト ) 。単位名はギリシア語のスチルボー (輝く) に由来する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スチルブ(stilb)
CGS単位系輝度の単位。1スチルブは1平方メートルあたり1万カンデラ光度をもつ光源の輝度をいう。記号sb

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スチルブ【stilb】
輝度の単位。単位記号sb。国際単位系(SI)では輝度の単位はカンデラ毎平方メートルで,別名ニト(記号nit,またはnt)ともいう。これは輝度が一様な面積1m2の光源の,垂直方向の光度が1カンデラであるときのその面の輝度であるが,スチルブはその104倍の大きさである。すなわち1sb=10000cd/m2である。輝度の単位はこのほかアポスチルブ(記号asb。1asb=(1/π)cd・m-2),ランベルト(記号L。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版

スチルブ【stilb】
輝度の単位。1平方センチメートルあたり1カンデラの輝度。記号 sb  

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

スチルブ【stilb】
輝度を表す単位。記号は「sb」。1cm2あたり1カンデラの光度をもつ光源の輝度を表す。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スチルブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スチルブの関連情報

関連キーワード

電磁気の単位系ガウス単位系CGS単位系ストークス計測フォトガウス単位系エルステッドガウス単位系CGS単位系

他サービスで検索

「スチルブ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.