Rakuten infoseek

辞書

スケルデ川【すけるでがわ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

スケルデ川
すけるでがわ
Schelde
フランス北部、アルトア丘陵の南東部に源を発し、ベルギーフランドル地方を北東流して北海に注ぐ国際河川。スヘルデ川スケルト川Scheldtともいう。フランス語名エスコー川Escaut。全長430キロメートル。河口は三角江をなし、東・西スケルデ川に分流する。水量が豊富で、流路のほとんどが運河化され、水運が活発である。流域にはアントウェルペンヘントトゥールネー、バランシェンヌ、カンブレーなどの都市が発達している。1648年のウェストファリア条約による航行禁止は、下流の貿易都市アントウェルペンを衰退させたが、フランス支配下の1792年以来条約が緩和され、航行が再開された。今日ではヘントまで2000トンの船が航行でき、また運河でソンム川に結合している。上流のフランス領内では1350トンの船が航行できる。[川上多美子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スケルデ川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スケルデ川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.