Rakuten infoseek

辞書

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第4番 嬰ヘ長調/piano solo【Sonata for Piano No. 4】

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第4番 嬰ヘ長調/piano solo
モスクワ音楽院のピアノ教授を辞した直後の、極めて多作な1903年に書かれた。スクリャービン独自のスタイルが確立されてゆく、中期の開始を告げるソナタであり、切れ目なく演奏される2つの楽章からなる。
第 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第4番 嬰ヘ長調/piano solo」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第4番 嬰ヘ長調/piano soloの関連情報

他サービスで検索

「スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第4番 嬰ヘ長調/piano solo」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.