Rakuten infoseek

辞書

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調/piano solo【Sonata for Piano No. 3】

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調/piano solo
この作品は、スクリャービンにとって2度目の演奏旅行となる旅先のパリで、1897年に作曲が始められた。モスクワ音楽院出身のピアニスト、ヴェーラと婚約した頃であった。しかし、彼の家族や支援者にこの結婚は反 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調/piano solo」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調/piano soloの関連情報

他サービスで検索

「スクリャービン(スクリアビン):ピアノ・ソナタ 第3番 嬰ヘ短調/piano solo」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.