Rakuten infoseek

辞書

スキピオ・アエミリアヌス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スキピオ・アエミリアヌス
Scipio Aemilianus Africanus Numantinus, Publius Cornelius
[生]前185/前184
[没]前129. ローマ
古代ローマの将軍,政治家,小スキピオとも呼ばれる。アエミリウス・パウルスの子で,大スキピオ (スキピオ・アフリカヌス ) の子のスキピオの養子となり,元老院で重視されていた名門貴族との血縁関係に恵まれた。ギリシア,ヒスパニアの平定に功があり,前 147年には若年で,法務官 (プラエトル ) の経験もなしに執政官 (コンスル ) となる異例の抜擢を受けた。ラエリウスとともにアフリカのローマ軍を強化,前 146年カルタゴを陥落させて第3次ポエニ戦争を終結させた。前 142年戸口総監 (ケンソル ) ,前 134年慣例を破って法をつくり,再度執政官に就任。ヒスパニアに赴きヌマンチア戦争を指揮,前 133年勝利へと導いた。帰国後義弟の T.グラックス (→グラックス兄弟 ) による改革に反対,彼の死をもやむをえぬと認め,改革派と対立していたが,前 129年急死。不和だった妻センプロニアたちによって暗殺されたといわれるが,真相は不明。優れた軍人で,高潔,教養がありギリシア文化にも造詣深く,ギリシア文化人を招いてサークルをつくった。歴史家ポリュビオスはその一人。 M.キケロは彼を理想化し,『国家について』『友情について』などに登場させている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すきぴおあえみりあぬす【スキピオ・アエミリアヌス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

スキピオ・アエミリアヌス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スキピオ・アエミリアヌスの関連情報

関連キーワード

熊本県の要覧三重県の要覧張角太平道張角甲山張角御調三良坂エントロピーの単位

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.