Rakuten infoseek

辞書

スカラー場【スカラーば】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スカラー場
スカラーば
scalar field
ある空間で,1つの量が各点の関数として一義的に与えられるとき,この空間をその量のという。特に,スカラー量の場をスカラー場という。たとえば温度圧力ポテンシャルなどの場はスカラー場である。相対論的にはローレンツ変換で不変でさらに空間反転で不変な場の量をスカラー場,空間反転で符号を変えるものを擬スカラー場という。また,複素数値をとるスカラー場を複素スカラー場という。これらはスピンが0のボソン場を記述するために用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スカラー‐ば【スカラー場】
空間の任意の各点にスカラー量が与えられた場。物理学における温度や圧力を指し、座標系に依存しない。気象分野で、地上の各点における気温気圧もスカラー場と見なせる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すからーば【スカラー場】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

スカラー場」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スカラー場の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.