Rakuten infoseek

辞書

スカトール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スカトール
skatole
3-メチルインドールのこと。タール系インドールの高沸点留分や人の排泄物に存在する不快臭をもつ白色葉状晶。融点 95℃。人体ではトリプトファンの分解によって生成する。プロピオンアルデヒドのフェニルヒドラゾンを塩化銅と加熱してつくる。有機溶媒には溶けやすく,松材に対し呈色反応を示す。希薄溶液は芳香をもっているので,花精油の保留剤として用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

スカトール
 C9H9N (mw131.18).

 3-メチルインドール.トリプトファンの代謝産物で,消化管内に発生し悪臭を発する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スカトール【skatole】
3‐メチルインドール,3‐メチル‐1H‐インドールの別名。ヒトやジャコウネコの排出物中のものは,タンパク質を構成するアミノ酸の一つであるトリプトファンの分解によって生ずる。クスノキ科Nectandra属植物の材質中にも微量含まれる。白色の光沢ある葉状結晶で,融点95℃,沸点265~266℃(755mmHg)。不快な臭気をもつが希薄にすると芳香を示すので,香料の保留材,人工香料シベトンの原料に用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

スカトール
すかとーる
skatole
3-メチルインドールのこと。白色板状結晶で強い不快臭をもつ。融点95℃。沸点265℃。水に溶けにくく、アルコールやエーテルには溶ける。プロピオンアルデヒドとフェニルヒドラゾンから、塩化亜鉛の存在下で合成される。腸内細菌によるトリプトファン代謝によって生じ、インドールとともに(ふんしゅう)の原因となっている。[飯島道子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スカトール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スカトールの関連情報

他サービスで検索

「スカトール」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.