Rakuten infoseek

辞書

スウェイン2世【スウェインにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スウェイン2世
スウェインにせい
Sweyn II; Svend II Estridsson
[生]1020頃
[没]1074.4.28.
デンマーク王 (在位 1043~74) 。スベン2世とも呼ばれる。母の兄弟であるカヌート (大王) に父を殺されスウェーデンへ亡命。デンマーク王とノルウェー王を兼ねたマグヌス1世 (善王〈在位 1042~47〉) のもとで 1042年デンマークの統治を引き受け,1043年マグヌスに反対して王となった。マグヌスおよびその後継者と長く争った末,1064年王位を認められた。西ヨーロッパの境界にローマ教会と密接な関係をもつ新デンマーク王国を建設。デンマーク教会の独立に尽力,ブレーメン大司教アダムと親交があり,アダムの『ハンブルク大司教事績』 Gesta Hammaburgensis Ecclesiae Pontificumに多くの情報を与えている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スウェイン2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スウェイン2世の関連情報

関連キーワード

承保育種延久胡安国三鈷寺上東門院承保藤原頼通ポルトガル共和国ファーティフスルターンメフメット橋

他サービスで検索

「スウェイン2世」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.