Rakuten infoseek

辞書

スアレス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

スアレス
Suárez, Francisco de
[生]1548.1.5. グラナダ
[没]1617.9.25. リスボン
スペインの哲学者,神学者。イエズス会 (1564入会) 最大の学者で「優秀博士」 Doctor eximiusと呼ばれる。近世のスコラ学を興した。 1564~70年サラマンカで神学を学び,71~74年セゴビアの学院で哲学を,74~97年バリャドリド,ローマ,アルカラ,サラマンカなどの学院で神学を講じた。この間 80年ローマの学院で始められたトマス・アクィナスの『神学大全』の解釈は浩瀚な注解書として結実し,94~97年にはサラマンカで主著『形而上学討論』 Disputationes metaphysicaeを完成した。 97~1616年コインブラ大学教授。恩恵論争では L.モリナを修正して合宣説 congruismを立てて人間の自由意志を擁護し,『法律論』 De legibus et Deo legislatore (1612) では,トマスの自然法説を時代に合致させるとともに,国際法の思想を示して H.グロチウスに先駆した。主著"Defensio fidei catholicae adversus Anglicanae sectae errores" (13) ,"De virtute et statu religionis" (08~09) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スアレス
Suárez González, Adolfo
[生]1932.9.25. セブレロス
[没]2014.3.23. マドリード
スペインの政治家。首相(在任 1976~81)。サラマンカ大学で法律を学び,卒業後フランコ政権支持の政治結社,国民運動 MNに参加。のち国営放送に勤務。1968~69年 MNのセゴビア支部長に就任。1969年国営放送会長。1975年 MN事務局長。1976年7月国王フアン・カルロス1世により首相に任命され,キリスト教民主同盟穏健派と革新派を中心にテクノクラートの内閣を組織,政治活動の自由化を認める政治改革法を制定,スペインの民主化に貢献。1977年民主中道連合 UCDを結成,党首に就任。1977年6月,40年ぶりの総選挙で UCDは第一党となり,首相に再任された。1981年1月辞任。1982年には UCDを発展的に解消して民主社会中道党 CDSを創設したが,1991年5月に党首を辞任した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

スアレス(Francisco Suárez)
[1548~1617]スペインの神学者・哲学者・法学者。イエズス会士。トマス=アクイナスの学説を中軸に、スコラ哲学を総合的に体系化し、神学・哲学・法学にわたって以後の時代に影響を与えた。著「形而上学論究」「信仰の擁護」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

スアレス
体操、男子平行棒競技の技。支持前振りかかえ込み後方5/4宙返りひねり腕支持。名称はキューバ体操選手、カシミロ・スアレスから。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

スアレス【Francisco Suárez】
1548‐1617
スペインの哲学者,神学者。グラナダ生れ。サラマンカ大学で教会法を学んでいる間にイエズス会に入り,引き続き哲学,神学を学ぶ。1571年以降スペインの諸大学,およびローマで哲学,神学を教えたが,97年フェリペ2世の招きでポルトガルのコインブラ大学神学教授に就任,リスボンで没した。その卓越した学識のゆえに,歴代の教皇から〈卓越博士Doctor eximius〉の称号を贈られた。 彼はきわめて多産な著作家であり,パリ版《全集》(1856‐78)は28巻を数える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

スアレス【Francisco de Suárez】
1548~1617) スペインの神学者。イエズス会士。王権神授説に反対して英国教会を批判、国際法学ではグロティウスの先駆とされる。著「形而上学的論争」「法律論」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

スアレス
(Francisco de Suárez フランシスコ=デ━) スペインの神学者、法哲学者。トマス=アクィナスの思想を受け継ぎ、それを再評価し再総合した新スコラ学派の創立者。また、自然法、国際法、国家哲学を総合し、国際法学の樹立にも貢献した。著「形而上学論究」など。(一五四八‐一六一七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スアレス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

スアレスの関連情報

関連キーワード

アグリコラジグムント2世アウグストアラソンフランス演劇岩手の葉タバコ生産溝口秀勝運歩色葉集小笠原長時榊原康政

他サービスで検索

「スアレス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.