Rakuten infoseek

辞書

ジーン アウル

20世紀西洋人名事典

ジーン アウル
Jean Auel


1936 -
米国作家
人類のはるか過去から題材をとり、単なる冒険物語を越えた作家。1981年「大地の子エイラ」がベストセラーになる。続編に「恋をするエイラ」などがある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012

ジーン アウル
Jean M. Auel

国籍
米国

専門
作家

生年月日
1936

出生地
米国 イリノイ州シカゴ

学歴
ポートランド大学

学位
M.B.A.(経営学修士号)

経歴
18歳で結婚、25歳までに5人の子の母となる。28歳でエレクトロニクス会社に就職し、事務職から始めて昇進を重ね、審査部長まで務めた。傍らポートランド大学などで学び、40歳でM.B.A.(経営学修士号)を取得。同年退職し、小説を書き始める。1980年、3万年前の人類の祖先に題材を求め、少女エイラを主人公にした処女作「The Clan of the Cave Bear」(邦題「大地の子エイラ」,〈始原への旅だち〉6部作シリーズの第1作)がベストセラーになり、のち13ケ国で翻訳出版される。以降、第2作目「恋をするエイラ」、第3作目「狩をするエイラ」、第4作目「大陸をかけるエイラ」も大ベストセラーとなり、映画化もされた。続く〈エイラ―地上の旅人シリーズ〉は「ケーブ・ベアの一族」が発売されると同時に米国でベストセラーとなり、世界各国で読み継がれている。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジーン アウル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジーン アウルの関連情報

関連キーワード

マキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門バラングルートヘニー数学基礎論ソビエト連邦憲法

他サービスで検索

「ジーン アウル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.