Rakuten infoseek

辞書

ジョーダン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジョーダン
Jordan, David Starr
[生]1851.9.19. ニューヨーク,ゲーンズビル
[没]1931.9.19. カリフォルニア,スタンフォード
アメリカの教育家,自然科学者,哲学者。コーネル大学,インディアナ医科大学に学び,1879年インディアナ大学動物学教授,85年学長。 91~1913年スタンフォード大学総長。晩年はおもに世界平和のために献身。第1次世界大戦へのアメリカ参戦に反対し,世界連邦主義を提唱著書は 50冊をこえ,おもなものに『戦争荒廃』 War and Waste (1914) ,『民主主義と国際連帯』 Democracy and World Relations (19) ,自叙伝『ある男の過ぎし日々』 The Days of a Man (22) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョーダン
Jordan, Dorothea(Dorothy)
[生]1761.11.22. ウォーターフォード近郊
[没]1816.7.3. サンクルー
アイルランドの女優。本名 Bland。ダブリンで初舞台,のちにロンドンに渡り,ドルアリー・レーン劇場でシドンズ夫人に次ぐ人気女優として活躍。また,クラレンス公 (のちのウィリアム4世 ) との間に 10人の子をもうけるが,正式な結婚とはならず,1815年フランスへ移って晩年を過した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョーダン
Jordan, Sir John
[生]1852. アイルランド
[没]1925
イギリスの外交官。 1876年通訳学生として北京に派遣された。のち駐清国公使館員となり,96年朝鮮に転じ,総領事,代理公使,弁理公使を経て,1906年清国公使となった。中国,朝鮮での長期在勤を利用して北京外交界を牛耳り,辛亥革命の際には,日本の進出に対抗してイギリス権益を擁護するため,袁世凱の政権掌握に尽力した。 20年退官したが,ワシントン会議には出席した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョーダン
Jordan, Michael
[生]1963.2.17. ニューヨーク,ブルックリン
アメリカ合衆国のバスケットボール選手。本名 Michael Jeffrey Jordan。バスケットボール史上最高のオールラウンドプレーヤー。並はずれた跳躍力と空中での優雅な動きから「エアージョーダン」のニックネームで呼ばれた。ノースカロライナ州ウィルミントンで少年時代を過ごし,1981年ノースカロライナ大学に入学。 1984年のロサンゼルス・オリンピック競技大会と 1992年のバルセロナ・オリンピック競技大会に出場し,アメリカに金メダルをもたらした。 1984年NBAシカゴ・ブルズ入団。プロ1年目でリーグ得点王となり,最優秀新人賞を受賞。最優秀選手 MVPに5回選出 (1988,1991,1992,1996,1998) 。 1991~93年ブルズ3連覇ののち,突如引退表明してプロ野球選手に転身したが,1995年復帰。 1995-96シーズンにはブルズをレギュラーシーズン 72勝 10敗という NBA史上最多勝利に導いた。 1996~98年にかけてブルズは2度目の3連覇を達成し,3年連続でファイナルの MVPに輝いた。 1999年2度目の引退を発表。 2000年ワシントン・ウィザーズの共同オーナーの一人となったが,2001年ウィザーズの選手として復帰。 2003年引退。通算成績は3万 2292得点,1試合平均 30.12得点 (NBA歴代1位) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ジョーダン Jordan, David Starr
1851-1931 アメリカの魚類学者。
1851年1月19日生まれ。バトラー大教授,インディアナ大総長,スタンフォード大総長などを歴任。明治29年(1896)をはじめに2度来日,日本産魚類の研究に従事した。1931年9月19日死去。80歳。ニューヨーク州出身。コーネル大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

367日誕生日大事典

ジョーダン
生年月日:1851年1月19日
アメリカの教育家
1931年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョーダン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョーダンの関連情報

関連キーワード

アメリカズカップカルフーンケルビンリゴレットウィンエイクマンギュツラフケルネルコサンド

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.