Rakuten infoseek

辞書

ジョーゼフ アルバース

20世紀西洋人名事典

ジョーゼフ アルバース
Joseph Albers


1888.3.19 - 1976.3.24
米国の画家,デザイナー。
元・バウハウス教授,元・イェール大学教授。
ドイツ出身。
ミュンヘン美術アカデミーでF.vonシュトゥックに学び、表現主義の影響を受けた木版画を制作、次いでバウハウスに入学、後に教授となる。1933年渡米、’39年帰化。ブラック・マウンテン大学、イェール大学で教える。色彩と平面、正方形の幾何学的フォルムを追求し、代表作に「正方形礼賛」シリーズ(’49年)、「色彩の相互作用」(’63年)がある。他にグラフィック・アート、ガラス、ブリック・ブロンズの作品がある。ニュー・ヘブンで没。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョーゼフ アルバース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョーゼフ アルバースの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門ブルガリア文学[各個指定]芸能部門チェーホフ安野光雅ゴダール(Jean-Luc Godard)ファスビンダー防衛費吉原幸子鎌田慧

他サービスで検索

「ジョーゼフ アルバース」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.