Rakuten infoseek

辞書

ジョン サルストン

現代外国人名録2016

ジョン サルストン
John Edward Sulston
職業・肩書
遺伝学者 マンチェスター大学科学・倫理・イノベーション研究所会長

国籍
英国

生年月日
1942年3月27日

出生地
ファルマー

専門
線虫, ヒトゲノム

学歴
ケンブリッジ大学ペンブローク・カレッジ〔1963年〕卒,ケンブリッジ大学大学院博士課程修了

学位
Ph.D.(ケンブリッジ大学)〔1966年〕

資格
ロイヤル・ソサエティ会員

勲章褒章
レジオン・ド・ヌール勲章オフィシエ章〔2004年〕

受賞
ノーベル医学生理学賞〔2002年〕,ガードナー国際賞〔1991年・2002年〕,ダーウィン・メダル〔1996年〕,ローゼンスティール賞〔1998年〕,アストゥリアス皇太子賞(学術・技術研究部門)〔2001年〕,スローン賞〔2002年〕,ダン・デービッド賞〔2002年〕

経歴
1966〜69年米国のソーク研究所を経て、’69年〜2003年ケンブリッジの医学研究会議(MRC)分子生物学研究所に所属。1992年〜2000年遺伝子研究の前線拠点である英国のサンガー研究所の所長を務め、人の全遺伝情報“ヒトゲノム”の解読を指揮する。2007年マンチェスター大学科学・倫理・イノベーション研究所会長。この間、1998年専門の線虫についても全遺伝情報を解読。線虫が成体になるまでの成長過程を遺伝子レベルで解明し、細胞死を制御する鍵となる遺伝子群を発見。これらの遺伝子群が人間にも存在することを突き止める。2002年器官発生と、プログラムされた細胞死(アポトーシス)の遺伝制御を解明したとして、米国分子科学研究所のシドニー・ブレンナー、マサチューセッツ工科大学教授のロバート・ホルビッツとともにノーベル医学生理学賞を受賞。同年英国科学実験講座の講師として来日。共著に「ヒトゲノムのゆくえ」(2002年)がある。ナイト爵位を叙せられる。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョン サルストン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョン サルストンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.