Rakuten infoseek

辞書

ジョクジャカルタ王宮【ジョクジャカルタおうきゅう】

世界の観光地名がわかる事典

ジョクジャカルタおうきゅう【ジョクジャカルタ王宮】
インドネシアのジャワ島中部ジョクジャカルタの中心部にある王宮。16世紀後半に興った新マタラム王国(イスラム教王朝)のスルタン(王)のハムンク・ブウォノ1世が当時の王都ジョクジャカルタに建造した王宮(クラトン)で、現在も王家は継承されており、ハムンク・ブウォノ10世(現・州知事)が住んでいる。王宮内には、ジャワ様式の四角い高い屋根を持つ大理石の床の大広間などの建物やかつての王の遺品や調度品などが展示されている。王宮の近くには、ハムンク・ブウォノ1世が離宮として建造したタマン・サリ(水の宮殿)もある。◇正式名称は「The Kraton Yogyakarta」。「スルタン宮殿」(Sultan Palace)ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョクジャカルタ王宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジョクジャカルタ王宮の関連情報

他サービスで検索

「ジョクジャカルタ王宮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.