Rakuten infoseek

辞書

ジャーティ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャーティ
jāti
「生れ」「家柄」「種族」などを意味するインド語で,カーストの意味にも用いられる。カーストという語は,ポルトガル人がジャーティ集団を自国語で「血統」「家柄」を意味するカスタという語で呼んだことに起因する。今日,ジャーティの数は主要なものでも 2000~3000に及ぶという。バラモンクシャトリヤバイシャシュードラから成るインド社会の伝統的4身分もカーストと称されることが多いが,この4身分はインド語でバルナ (種姓) と呼ばれ,ジャーティとは区別されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゃーてぃ【ジャーティ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジャーティ【jāti】
インドのヒンズー教徒のなかにみられる、通婚と共食を許され特定の職業と結びついた社会集団。カースト。 → バルナ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ジャーティ
jati
インドにおけるヴァルナ制度のもとで,血縁職業によって結ばれた排他性の強い集団
元来「生まれ(を同じくする集団)」を意味する言葉で,4つのヴァルナの混血や職業の細分化が進む中で複雑に形成されていった。それぞれのジャーティは職業だけにとどまらず,結婚や食事なども集団内部で行って閉鎖性を強めていったが,のちにこのジャーティ集団はポルトガル語の「家柄・血統」に由来する「カースト」とも呼ばれるようになった。現在は約3000のジャーティがあるとされているが,正確な数は把握できない。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャーティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャーティの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.