Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

ジャン=クリストフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャン=クリストフ
Jean-Christophe
フランスの作家ロマンロラン大河小説。 1904~12年,雑誌『半月手帖』に発表。全 10巻に及ぶ大作で,世界的な反響を呼んだ。ドイツ生れの天才的音楽家ジャン=クリストフの一生を通して,芸術生命から生れ,夢や幻想とするのではなく,芸術家が魂の平静に達するために乗越えねばならない苦痛や失敗を糧とするものであると主張した教養小説。同時に普仏戦争から第1次世界大戦直前までのヨーロッパ諸国の芸術,文明道徳を痛烈に批判した社会小説でもある。ロランはこの作品によって,15年にノーベル文学賞を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ジャン=クリストフ
Jean Christophe
フランスの作家ロマン=ロランの長編小説
1904〜1912年作。ドイツの架空の音楽家クリストフの伝記の形をとり,誠実で熱情的な主人公が,偽善や不正,困難や障害と闘い,しだいに人生を学んでゆく過程を描く。ベートーヴェンがモデルといわれる。この作品により,ロマン=ロランは1915年度ノーベル文学賞を受賞。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャン=クリストフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャン=クリストフの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.