Rakuten infoseek

辞書

ジャヤプラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャヤプラ
Jayapura
インドネシアニューギニア島西部の北岸にある町。パプア州州都。フンボルト湾に面する良港を擁する。ファンレース山脈に続く高原地帯を後背地とする。オランダ統治時代にはホランディア Hollandia,インドネシア帰属後はコタバル Kotabaru,スカルナプーラ Sukarnapuraと名を変えた。第2次世界大戦では日本の軍事拠点が置かれた。家具,織物飲料,化学製品,輸送機器などの工業が行なわれる。空港とチェンデラワシ大学(1962)がある。人口 23万3859(2010速報値)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジャヤプラ(Jajapura)
インドネシア東端、イリアンジャヤニューギニア島西部)北岸の港湾都市パプア州の州都。フンボルト湾に面し、古くから天然の良港として知られた。オランダ領ニューギニア時代の旧称ホランディア。その後、コタバルスカルナープラ改称され、1969年より現名称になった。第二次大戦中に日本軍の拠点が置かれ、連合軍との激戦地になった。ココヤシの栽培が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジャヤプラ【Jayapura】
インドネシア東部,イリアン・ジャヤ(西イリアン)州の州都。ニューギニア島北岸のフンボルト湾に臨む港市。人口15万(1980)。オランダ領時代はホーランディアと呼ばれ,その後コタ・バル,スカルナプラと改称され,1969年以後現在名となる。付近はココヤシ農園が開け,西イリアンの政治・経済の中心地である。第2次大戦ではその戦略的位置から日本軍の基地とされた。西イリアン開発のためチェンドラワシ大学が設置されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャヤプラ
じゃやぷら
Jajapura
インドネシア、西イリアン(ニューギニア島西部)北岸の港湾都市。パプア州(旧イリアン・ジャヤ州)の州都。人口19万2791(2005)。フンボルト湾に臨む良港で、オランダ領時代はホランディアHollandiaとよばれ、西イリアンのインドネシア帰属とともにスカルナープラSukarnapura、さらに1969年にはジャヤプラと改称された。地方の政治、経済の中心地で、西イリアンでは比較的よく開けており、付近ではココヤシの栽培が行われる。第二次世界大戦での日米の激戦地の一つである。[別技篤彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャヤプラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャヤプラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.