Rakuten infoseek

辞書

ジャッキー・ステファン アレクシ

20世紀西洋人名事典

ジャッキー・ステファン アレクシ
Jacques Stéphen Alexis


1922 - 1961
ハイチの小説家,革命家。
独立革命指導者デサリーヌの子孫で、セゼールサンゴールからネグリチュード文学を、サルトルからは実存主義を、フローベールとゾラからは批判的リアリズムを、ゴーリキとエレンブルグから社会主義を学び、独自の「驚異的リアリズム」を開拓した。1959年にハイチ人民統一党を創建し、政治活動の指導者として従事する傍ら、創作活動も続けた。デュバリエ独裁体制の官憲により逮捕、虐殺された。著書、「太陽将軍」(’55年)は日本にも紹介された。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャッキー・ステファン アレクシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャッキー・ステファン アレクシの関連情報

関連キーワード

島津保次郎新藤兼人[各個指定]工芸技術部門川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二衣笠貞之助マキノ雅広森一生

他サービスで検索

「ジャッキー・ステファン アレクシ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.