Rakuten infoseek

辞書

ジャイミニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジャイミニ
Jaimini
[生]前200
[没]前100頃
インドの哲学者。ベーダ聖典に規定されている祭祀儀礼の実行の意義を哲学的に研究して統一解釈を与えたミーマーンサー学派の確立者。『ミーマーンサー・スートラ』を著わしたとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジャイミニ【Jaimini】
前200ころ‐前100ころ
古代インドの学匠。ベーダ聖典の祭事部に関する体系的な解釈学を旨とするミーマーンサー学派の開祖と見なされ,この学派の根本経典《ミーマーンサー・スートラMīmāṃsā‐sūtra》の作者であると伝えられているが,それが現在見られるようなかたちに整えられたのは後100年ころと考えられる。この経典は,ジャイミニの名を冠せられて《ジャイミニ・スートラJaimini‐sūtra》,あるいは,12章より成っているので《十二章篇》とも称せられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジャイミニ
じゃいみに
Jaimini
(前200―前100ころ)
インド六派哲学の一つ、ミーマーンサー学派の確立者。『ミーマーンサー・スートラ』の著者とされる。『サーマ・ベーダ』の系統の学者であったことが知られるほか、その人物像についての詳細は不明。ダルマ(宗教的義務)すなわち祭祀(さいし)の方法と意義に関する統一的解釈の体系であるミーマーンサー学を確立したほか、ウパニシャッドに通暁し、ベーダーンタ哲学についての権威でもあったと伝えられる。[倉田治夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャイミニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジャイミニの関連情報

関連キーワード

マイケル フェルプスライアン ロクテナタリー コーグリンナタリー コーグリンライアン ロクテアーロン ピアソルアーロン ピアソルマーリーン オッティウサイン ボルトベロニカ キャンベル・ブラウン

他サービスで検索

「ジャイミニ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.