Rakuten infoseek

辞書

ジノビエフ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジノビエフ
Zinov'ev, Grigorii Evseevich
[生]1883.9.11. エリザベートグラード
[没]1936.8.25. モスクワ
ソ連の政治家。ユダヤ人。ベルンで法律学を学んだ。 1901年ロシア社会民主労働党に入り,ボルシェビキに所属,07年中央委員となり,V.I.レーニンの片腕としてロシア内外で革命運動に参加。 08年亡命,17年3月レーニンとともにドイツ経由で帰国したが,十月革命に際しては時期尚早として武装蜂起に反対した。革命後ペトログラード・ソビエト議長,19年創設されたコミンテルンの中央執行委員会議長,また 21年党政治局員に就任。レーニンの死後はソ連政治の中心指導者の一人となった。 I.スターリン一国社会主義路線を批判してトロツキーらとともに反対派を構成。 27年に党を除名され,その後自己批判して 28年に復党したが,36年合同本部事件被告として L.B.カーメネフとともに処刑された。主著『ドイツ革命の諸問題』 Probleme der deutschen Revolution (1923) ,『レーニン主義』 Leninizm (25) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ジノビエフ【Grigorii Evseevich Zinov’ev】
1883‐1936
ソ連邦の革命家,政治家。ユダヤ人。本名ラドムイスリスキーRadomysl’skii。1901年,ロシア社会民主労働党(後の共産党)に入り,02年スイスに亡命しベルン大学に学ぶ。05年にロシアに帰還,07年以降党中央委員,08年再度亡命し,以後二月革命の勃発までレーニンと行動を共にし,レーニンの第一の副官といわれる。17年4月帰国,十月革命前夜には武装蜂起に反対したが,革命後もペトログラード(後のレニングラード)・ソビエト議長,コミンテルン議長などの要職をつとめる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ジノビエフ【Grigorii Evseevich Zinov'ev】
1883~1936) ソ連の政治家。コミンテルンの創設に尽くし、その議長を務める。スターリンの一国社会主義路線に反対して除名、大粛清で処刑された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジノビエフ
じのびえふ
Григорий Евсеевич Зиновьев Grigoriy Evseevich Zinov'ev
(1883―1936)
本名ラドムイスリスキーРадомысльский/Radomsl'skiy。旧ソ連共産党の指導者。ユダヤ系。1901年よりロシア社会民主労働党の活動に入り、03年以降はボリシェビキ派に属する。05年革命後、亡命地でレーニンの片腕として活動、17年、二月革命後にレーニンとともに「封印列車」で帰国したが、同年の十月革命を準備する過程で時機尚早を唱え、新聞紙上で蜂起(ほうき)に反対したため、レーニンからストライキ破りと攻撃された。十月革命後はペトログラード(後のレニングラード、現サンクト・ペテルブルグ)・ソビエト議長とともにコミンテルン(第三インターナショナル)執行委員会議長をも兼務(1919~26)、国際革命運動を指導した。レーニンの発病後、スターリン、カーメネフと「トロイカ」指導体制を形成して党主流となり、23~24年には反トロツキー・キャンペーンを繰り広げた。しかし、25年カーメネフとともにスターリンの一国社会主義論に反対し、26年トロツキーと結んだが敗れ、27年に党を除名された。以後、影響力を失い、復党、除名を繰り返すが、35年にはキーロフ暗殺事件扇動の罪で10年の刑を宣告された。さらに36年8月、トロツキスト・ジノビエビスト「テロリスト・センター」組織の罪でついに処刑され、これがスターリンによる「大粛清」の第一歩となる。彼はまた、1924年イギリス共産党に蜂起を教唆したとされる「ジノビエフ書簡」事件でも有名。ソ連はこれを偽造文書としたが、この事件は同年のイギリス総選挙での労働党の大敗を招き、英ソ関係を悪化させるなど大きな影響を及ぼした。1988年、ペレストロイカに伴い名誉回復された。[藤本和貴夫]
『川内唯彦訳『ロシア社会民主労働党史』(1928・同人社書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジノビエフ
(Grigorij Jevsjejevič Zinov'jev グリゴリー=エフセービチ━) ソ連の政治家。本名ラドムイスリスキー。レーニンの秘書をつとめ、十月革命後、ペトログラード‐ソビエト議長、コミンテルン中央執行委員会議長に就任したが、のち党を除籍。復党後、スターリンと対立し、反ソ陰謀とスパイ活動の罪でカーメネフらとともに銃殺された。(一八八三‐一九三六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジノビエフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジノビエフの関連情報

関連キーワード

アルマン条約ガルシン電気事業ユーイング(Sir James Alfred Ewing)フィラデルフィア・フィリーズサンフランシスコ・ジャイアンツポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスター

他サービスで検索

「ジノビエフ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.