Rakuten infoseek

辞書

ジゴマ

デジタル大辞泉

ジゴマ(Zigoma)
フランスのレオ=サジー作の探偵小説主人公神出鬼没覆面怪盗で、1911年に映画化され、日本でも大ヒットした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ジゴマ【Zigomar】
1911年に製作されたフランス映画。また、その主人公であるパリの強盗団の首領の名。日本でも大当たりした。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジゴマ
じごま
Zigomar
フランス映画。1911年作品。日刊紙『ル・マタン』連載のレオン・サジーLon Sazie(1862―1939)の探偵小説をビクトラン・ジャッセVictorin-Hippolyte Jasset(1862―1913)監督が映画化。覆面の怪盗ジゴマが神出鬼没、変幻自在にパリ市中を荒らしまくるアクション映画。危機一髪のスリルを強調し、サイレント時代に映画ファンを熱狂させる「連続映画」の先駆けとなった作品。日本では同年(明治44)11月11日に第1編が、翌年5月1日に第2編が封切られ、大ヒットしてジゴマ・ブームを巻き起こした。斬新な映画演出で悪の魅力をみせたこの作品が明治末期の閉塞(へいそく)的な世相に呼応したためと思われる。その後、『日本ジゴマ』(1912)など模倣作が続出、子供の間にジゴマごっこが流行したため、少年の犯罪を誘発するとして1912年(大正1)10月20日上映禁止にされた。[千葉伸夫]
『「反ジゴマキャンペーン」(1912.10.5・朝日新聞)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジゴマ
[1] (Zigomar) フランスのレオン=サジー作の探偵小説の主人公で、出没自在の悪漢の名。また、その映画化されたもの。一九一一年(明治四四年)初映画化され、有名になった。日本でも同年末に浅草金龍館で封切られジゴマブームを巻き起こしたが、社会問題となり上映禁止。
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉三「それから活動小屋をちょっと覗いた。ジゴマか何かをしてゐた」
[2] ((一)から) 悪漢、いやなやつのこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジゴマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジゴマの関連情報

他サービスで検索

「ジゴマ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.