Rakuten infoseek

辞書

ジアセチル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ジアセチル
diacetyl
化学式 CH(CO)2CH3 。キノン様の臭気があり,希釈すればバターのような香気を発する。ベイ油 (bayoil) などの精油に存在する。黄緑色の液体。沸点 88℃,融点-2.4℃。水溶性マーガリン,コーヒーなどの食品の香料として使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ジアセチル(diacetyl)
CH3COCOCH3示性式で表される有機化合物α-ジケトンの一。黄色の液体。希釈するとバターのような臭いを発し、食品の香料などに用いられる。ジメチルジケトンジメチルグリオキサールビアセチルダイアセチル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ジアセチル
 C4H6O2 (mw86.09).CH3-CO-CO-CH3.独特のフレーバーをもつ香料.バター,コーヒーなどに使われる.ビールでは悪臭とされる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ジアセチル
じあせちる
diacetyl
ビアセチル、2,3-ブタンジオンともよばれ、脂肪族α(アルファ)-ジケトンの代表である。ベチバ油、イリス油、アンゲリカ根油などの植物精油に含まれている。メチルエチルケトンを二酸化セレンで酸化すると生成する。特有なにおいをもつ黄色の液体。エタノール(エチルアルコール)、エーテルなどの有機溶媒と任意の割合で混じり合い、水にもよく溶ける。薄めるとバターに似たにおいを発するので、マーガリンの香料に用いる。ジアセチルのジオキシムをジメチルグリオキシムといい、ニッケルの分析試薬としての用途をもつ。[廣田 穰]
『井上喬著『ジアセチル――発酵飲食品製造のキーテクノロジー』(2001・幸書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジアセチル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ジアセチルの関連情報

関連キーワード

ブタン

他サービスで検索

「ジアセチル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.