Rakuten infoseek

辞書

シー・ズー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シー・ズー
shih tzu
イヌの1品種。祖先はチベット原産のラサ・アプソといわれる。 17世紀から中国 ( ) の宮廷愛玩犬として飼育され,現在の姿に改良された。長らく門外不出のイヌであったが,1930年代にイギリスに持出され,世界中に広まった。性質は快活で,ヒトによくなれるが,やや頑固なところがある。丈夫なうえ手入れも簡単なので,室内犬として人気が高い。体高 27cm以内,体重 4.5~7.3kg。全身が長い毛でおおわれる。四肢は短く,胴が長い。頭部は丸く,吻が短い。歯は切端咬合か,わずかに反対咬合である。垂れ耳で,目と目の間隔は離れ気味。長い飾り毛が目の上と鼻・口の周囲に放射状に生え,キク (菊) の花のように見えるのが特徴である。にはふさふさした毛が生え,背に巻く。毛色は多様であるが,顔と尾に白色が混じるのがよいとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典

シー・ズー
チベット原産の小型犬。ラサ・アプソより小柄で、頭部の幅が広く、鼻口部がより短い。中国の清朝で愛玩犬として飼われ、豊富な被毛をもつ。JKCでは、第9グループ(愛玩犬)に分類する。◇品種の英名はShih Tzu

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しーずー【シー・ズー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シー・ズー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シー・ズーの関連情報

他サービスで検索

「シー・ズー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.