Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

シールド工法【シールドこうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シールド工法
シールドこうほう
shield tunneling
トンネルの特種工法の一つ。地盤の崩壊を防ぐため鋼製円筒(シールド)の中で,セグメントを組み立てながら掘削を進めていく工法。すでにできあがったセグメントを反力にして,推進用ジャッキでシールドを前進させながら掘削したのち,セグメントを組み立て,前のセグメントに連結し,さらに前進する。軟弱地盤や,水底トンネルなどでよく用いられ,シールドの前面を閉鎖し,泥水や掘削した土により圧力をかける方法や,圧気による方法で前方地盤の崩壊や水圧による浸水を防ぐことが多い。(→圧気工法

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シールド‐こうほう〔‐コウハフ〕【シールド工法】
シールド2をジャッキで推進させながら、シールド内で、前方での掘削と後方でのトンネル枠組み立てを並行して行う工法。軟弱地盤や浸水の恐れのある場所での大規模工事に適用される。一般に、シールド掘削機を下ろす立てを掘り、そこを基地にして掘削が進められる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シールドこうほう【シールド工法】
トンネルを作る工法の一つ。シールドshield(本来は)と呼ばれる,トンネル外径大で全体が薄い鋼板で覆われた長さ4~7mほどの円筒状の機械を立坑などで地中に降ろし,その中で掘削しつつシールドをジャッキで推進させ,セグメント(鉄またはコンクリート製ブロック)を用いて覆工し,トンネルを築造するものである(図)。湧水を防ぐために,圧縮空気を送り込むことにより(圧気シールドという),軟弱悪質な地盤や帯水地盤での掘削に威力を発揮する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シールドこうほう【シールド工法】
トンネル掘削工法の一。鋼製の円筒の中に作業員が入り、切り羽の掘進とともにジャッキで押し進め、後部を直ちに覆工する。軟弱な地盤で用いられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シールド工法
しーるどこうほう
shield driving method
トンネル建設工法の一種。シールドと称する鋼製の筒または枠を地中に押し込みながらトンネルを構築する工法をいう。地下鉄、上下水道、共同溝、洞道などの都市内におけるトンネル工事に広く用いられている。[河野 彰・清水 仁・鴫谷 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シールド‐こうほう ‥コウハフ【シールド工法】
〘名〙 (シールドはshield) トンネル工事の工法の一つ。シールドと呼ばれる円筒形の鉄枠をもつ装置を押し進めながら、トンネルを円筒形に掘り進む工法。軟弱地盤での施工に用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シールド工法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シールド工法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.