Rakuten infoseek

辞書

シーボルト【しーぼると】

日本大百科全書(ニッポニカ)

シーボルト(Philipp Franz Balthasar von Siebold)
しーぼると
Philipp Franz Balthasar von Siebold
(1796―1866)
ドイツの医者、博物学者。ドイツのウュルツブルクで医学の名門の家に生まれる。父はウュルツブルク大学の生理学教授。1815年ウュルツブルク大学に入学、医学のほか生物学、人類学、民族学、地理学などを勉強した。1820年卒業し、医学博士となった。ハイデングスフェルトで開業したが、日本に関心をもち、渡航の機会をつかんだ。1822年7月ハーグに行き、オランダ領東インドの陸軍軍医外科少佐に任ぜられた。9月23日ロッテルダムを出航、バタビア(ジャカルタ)を経て、1823年(文政6)8月11日長崎出島に上陸した。来日にあたり、日本・オランダ貿易強化のための総合的・科学的研究の使命を帯びていた。東インド会社から幕府への働きかけにより、他のオランダ人には与えられない調査・研究の便宜を得た。まず出島(でじま)のオランダ商館内で、日本人に治療したり医学を教えたりできるようになった。ついで出島を出て、吉雄(よしお)塾、楢林(ならばやし)塾で治療や教育をすることが許され、ついには長崎郊外鳴滝(なるたき)(長崎市鳴滝町)に鳴滝塾をつくり、治療と講義ができるようになった。鳴滝塾には、美馬順三(みまじゅんぞう)、岡研介(けんすけ)、二宮敬作、高野長英、伊東玄朴、石井宗謙(1796―1861)、伊藤圭介(けいすけ)など多数の弟子たちが集まった。弟子たちに研究テーマを与え、オランダ語の論文を提出させ、彼自身の研究資料にした。また長崎近郊の動植物採集を行い、友人、弟子、オランダ商館雇い人に協力を頼んだ。川原慶賀(けいが)には図を描かせた。1826年江戸参府に随行し、その往復で書記ビュルガーHeinrich Brger(1804―1858)を助手として、動植物の採集、測量、観測などを行った。旅行の往復や江戸滞在中、日本人の学者たちと知識や資料の交換を頻繁に行った。
 1828年帰国に際して、長崎港のオランダ船が台風で難破、修理のため積み荷を陸揚げしたとき、シーボルトの荷から、国外持ち出し禁制の品が出て、シーボルト事件が起こった。友人、弟子、通詞(つうじ)のなかに処罰される者が出た。シーボルトは日本追放を言い渡され、1829年12月30日、日本人妻滝(1807―1869)と愛児伊禰(いね)(1827―1903)に別れを告げて、日本を去った。1830年7月7日オランダに帰着した。シーボルトは、多量の資料、標本、生植物を送ったり持ち帰ったりし、これをオランダ政府が買い取った。それらはライデン大学図書館、国立民族博物館、国立(せきよう)館、ライデン大学植物園、大英博物館、大英図書館などに現存する。帰国後、ライデンに居住し、結婚して3男2女をもった。長男アレキサンダーAlexander(1846―1911)、次男ハインリヒHeinrich(1852―1908)はのちに日本で外交官として活躍した。1859年(安政6)アレキサンダーを伴ってふたたび来日した。晩年ドイツに帰り、ミュンヘンで死亡、墓は同地にある。
 シーボルトの日本研究は、『日本』『日本動物誌』『日本植物誌』にまとめられた。『日本』Nippon20冊(1832~1851)は日本についての総合的研究である。『日本動物誌』Fauna Japonica5巻(1833~1850)は、シーボルトとビュルガーが集めた動物標本をテミンクConraad Jacob Temminck(1778―1858)、シュレーゲルHermann Schlegel(1804―1884)、デ・ハーンWilhelm de Haan(1801―1855)が研究執筆し、シーボルトが編集した。『日本植物誌』Flora Japonica2巻(1835~1870)は、ツッカリーニJoseph Gerhard Zuccarini(1797―1848)の協力を得て、共著として出版した。シーボルトは日本において日本の近代化に貢献し、ケンペル、ツンベルクよりも本格的に、日本、日本の植物・動物について、ヨーロッパに紹介した。[矢部一郎]
『シーボルト著、呉秀三訳『シーボルト江戸参府紀行』復刻版(1966・雄松堂書店/オンデマンド版・2005・雄松堂出版) ▽シーボルト著、呉秀三訳『シーボルト日本交通貿易史』復刻版(1966・雄松堂書店/オンデマンド版・2005・雄松堂出版) ▽岩生成一監修、中井晶夫他訳『日本』6巻、図録3巻(1977~1979・雄松堂書店) ▽ジーボルト著、斎藤信訳『江戸参府紀行』(平凡社・東洋文庫) ▽ジーボルト著、斎藤信訳『ジーボルト最後の日本旅行』(平凡社・東洋文庫) ▽板沢武雄著『シーボルト』(1960/新装版・1988・吉川弘文館) ▽ハンス・ケルナー著、竹内精一訳『シーボルト父子伝』(1974・創造社) ▽講談社学術局編『シーボルト「日本」の研究と解説』(1977・講談社) ▽呉秀三著『シーボルト先生 その生涯と功業』全3巻(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーボルト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シーボルトの関連情報

他サービスで検索

「シーボルト」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.