Rakuten infoseek

辞書

シルバン・ハン国【シルバン・ハンこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シルバン・ハン国
シルバン・ハンこく
Shirvan Khan
旧ソ連,カフカス,アゼルバイジャン北部に位置したハン国。9世紀中頃シェマハを首都 (一時期バクー) として樹立され,その支配者はシルバン・シャーと名のった。マズヤド朝 (861~1027) ,ケスラン朝 (1027~1382) などの支配があったが,11世紀以後はセルジューク朝イル・ハン国ジャラーイル朝サファビー朝の支配または従属下におかれ,16~18世紀にはトルコとイランとの間で争奪の的となった。 18世紀中頃イランの支配から脱し,シルバン・ハン国として独立したが,1805年ロシアに併合された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シルバン・ハン国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シルバン・ハン国の関連情報

他サービスで検索

「シルバン・ハン国」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.