Rakuten infoseek

辞書

シリンダーセクター【cylinder sector】

パラグライダー用語辞典

シリンダーセクター
パイロンレースにおいてパイロン(目標地点)をクリアーしたか(通過したか)どうかを判定する基準で、パイロン上にある半径の円筒を仮想に見立て、その円筒内の通過を義務付けする。クリアーした事の判定を写真撮影で行っていた当時は、殆どがFAIセクターを用いていた。しかし、GPSによる判定が主流となりつつある現在では、このシリンダーセクターを用いる大会が多くなっている。用いられる半径はその大会のタスク規模やレベルでも変わり、100mから200mが一般的である。 また、クラス別にシリンダー半径を決め、ひとつのタスクで同時に複数のクラスが競技を行う大会は、丁度ゴルフでハンディーを使いベテランとビギナーが同時にコースを楽しむ様で興味深い。

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シリンダーセクター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シリンダーセクターの関連情報

他サービスで検索

「シリンダーセクター」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.