Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

シリカゲル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シリカゲル
silica gel
水ガラスのアルカリを水和しゲル化したのち乾燥してつくるケイ酸ゲル。非常に大きな吸着力をもち,空気中の水分を吸着除去する除湿剤,あるいは低沸点炭化水素の分離採取などに広く使われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シリカ‐ゲル(silica gel/〈ドイツ〉Silikagel)
珪酸(けいさん)が部分的に脱水してゲル化したもの。吸着力が強い無色または白色固体吸着剤乾燥剤脱水剤などに使用。組成式はSiO2nH2O

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

シリカゲル
 SiO2nH2O.非晶質のケイ酸で,乾燥剤,吸着剤などに使う.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シリカゲル【silica gel】
水ガラス(ケイ酸ナトリウム)の水溶液に酸を加えることにより生成する含水ケイ酸ゲル(ヒドロゲル)を洗浄し,加熱脱水して得られる白色の固体で,二酸化ケイ素(シリカ)SiO2nH2Oからなる。数nmの孔が無数に開いており,このため内部表面積は500~700m2/gに達する。水H2O,二酸化イオウSO2その他の極性物質を吸着する性質が強く,このため空気の乾燥剤として用いられる。一定量の水分を吸着すると除湿能力は失われるが,外見からこの状態を判定するためにシリカゲルに塩化コバルトをしみこませて青色とし,塩化コバルトが結晶水を得てその色が桃色に変わったことにより吸着能力を失った目安にするものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シリカゲル
しりかげる
silica gel

ケイ酸のゲルのこと。成分はSiO2nH2Oである。水分子の数は条件によって変わる。天然に存在するケイ酸の多くはシリカゲルとして産する。合成品は、水ガラス(ケイ酸ナトリウム)水溶液と、硫酸または塩酸との複分解によって得られるシリカゾルをゲル化させる。普通、無色の粒状物として市販され、比重は2.2~2.3。酸には強いが濃アルカリ溶液に徐々に溶ける。水蒸気、アンモニアガスなど多くの物質に対して吸着力が強い。コバルト(Ⅱ)塩をしみ込ませたものは、無水のときは青色、吸湿すると淡紅色に変化する。淡紅色となったものを加熱すると脱水されて、ふたたび青色となり、乾燥剤として広く用いられる。そのほか、脱水剤、クロマトグラフィー用吸着剤、触媒の担体などとしても用いられる。

[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シリカ‐ゲル
〘名〙 (Silikagel) 無定形の珪酸(けいさん)。組成式 SiO2・nH2O 凝集性のゲルで、無色ないし白色の固体。天然には土壌中の珪酸として存在する。アンモニアなどのガスや水蒸気・水などに対する吸着性が強く、脱水・乾燥・吸着剤などのほか、触媒の担体などとしても用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

シリカゲル
シリカゲル
silica gel

組成式SiO2nH2Oで表されるゲル状の固体.可溶性ケイ酸水溶液を鉱酸で分解し,ゾルを経由してゲル化させ,水洗してつくられる.四面体型SiO2が重合し,重合の切れ目にはOHが結合し,さらにそれが水和した構造をもっている.非晶質含水ケイ酸であって比表面積が大きく(数百 m2 g-1),吸着性がいちじるしいので,乾燥剤として広く用いられる.そのほか,吸着剤,触媒担体などにも用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シリカゲル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シリカゲルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.