Rakuten infoseek

辞書

シラス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シラス
Silas; Silvanus
50年頃活躍した初代教会の預言者,伝道者,聖人。ローマ市民といわれる。『使徒行伝』によると,バルナバの代りにパウロの第2回伝道旅行に随行し,ガラテア,トロアス,ピリピ (パウロとともに入牢) ,テッサロニカ,コリントに伝道した。テッサロニカ人にあてたパウロの書簡や『コリント人への第2の手紙』1章 19でシルワノという名で登場する人とおそらく同一人。西方教会では7月 31日に,東方教会では7月 30日にシラスを記念する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シラス
南九州に広く分布し,主として火山源の物質からなる白色砂質堆積物の総称。白砂または白州に由来した地方的な俗語。厚さはところによって著しく異なるが,最大 150mに達し,鹿児島県の約半分と宮崎県の 20%にわたる広大な面積に広がる。シラスの構成物質は軽石流(→軽石),降下軽石およびそれらの 2次的堆積層で,ほかに凝灰質砂岩,火山礫凝灰岩,ケイ藻土質堆積岩などを含む。堆積の地質時代は新第三紀鮮新世から第四紀更新世(洪積世),完新世(沖積世)にまで及び,噴出源は姶良(あいら)カルデラ,阿多カルデラなど(→カルデラ)。シラス台地は河川に切り立った断崖で接しているため,台風などによる崖崩れでしばしば大きな被害をもたらす。シラスが直接地表に露出しているところや,河川によって再堆積しているところの耕地は,おおむね生産力がきわめて低い。粘土の客入や堆厩肥の施用を行なう必要がある。(→火山作用

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

シラス
 透明に近い状態の稚魚で,マイワシアンチョビーなどをいう場合が多いが,ウナギなどについても用いる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しらす【シラス】
白砂または白州に由来する言葉で,白色,軽石質火山灰堆積物を総称していうが,一般には南九州に広く分布するそれをいう(図)。鹿児島県の半分と宮崎県の20%は厚さ数m~100mのシラス層に覆われており,農業,治水,交通をはじめ人間の生活環境の重要な要素の一つとなっている。シラスの半分以上は今から2万2000年前に鹿児島湾奥部に起きた巨大噴火の際に生じた入戸火砕流堆積物によって占められ,その体積は300km3に達する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シラス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シラスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.