Rakuten infoseek

辞書

シラクーサ

世界遺産情報

シラクーサ
シチリア島南西部のシラクーサは、古代の繁栄をしのばせる街です。古代ギリシア時代にはアテネと勢力を競い合ったほどの街で、幾何学者アルキメデスの出身地でもあります。考古学地区には、ギリシア・ローマ時代の遺跡が数多く点在します。紀元前に建てられたシチリア最大の「ギリシア劇場」や、ほぼ原型をとどめている「ローマ円形劇場」などが見所です。橋でつながれた小島の旧市街地には、ドーリス式神殿の土台と円柱をもちいたバロックの名建物・「ドゥオモ」や「アポロ神殿」、かつて繁栄していた街並みなどが人々を集めています。2005年に世界文化遺産に指定されました。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

シラクーサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シラクーサの関連情報

他サービスで検索

「シラクーサ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.