Rakuten infoseek

辞書

ショスタコーヴィチ:24のプレリュードとフーガ/piano solo【24 Preludes and Fugues】

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)

ショスタコーヴィチ:24のプレリュードとフーガ/piano solo
1950年から51年にかけて作曲され、タチアナ・ニコライエワによって初演された。近年演奏機会が次第に多くなっており、バッハの「平均律」以後の同種の試みとしては、普及したレパートリーと言えるだろう。

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

ショスタコーヴィチ:24のプレリュードとフーガ/piano solo」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ショスタコーヴィチ:24のプレリュードとフーガ/piano soloの関連情報

関連キーワード

新藤兼人斎藤寅次郎ロック(ポピュラー音楽)アフリカン・アメリカン音楽マキノ雅広電気機械器具工業成瀬巳喜男黒澤明大庭秀雄森一生

他サービスで検索

「ショスタコーヴィチ:24のプレリュードとフーガ/piano solo」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.