Rakuten infoseek

辞書

シューマン:パピヨン/piano solo【Papillons】

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)

シューマン:パピヨン/piano solo
シューマンは子供のころから文学に強い関心をもっていた。その中でも、ドイツの幻想詩人ジャン・パウル・リヒターに強くあこがれており、「パピヨン」は、彼の小説『生意気ざかり』からインスピレーションをうけた ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

シューマン:パピヨン/piano solo」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シューマン:パピヨン/piano soloの関連情報

他サービスで検索

「シューマン:パピヨン/piano solo」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.