Rakuten infoseek

辞書

シューマン:アレグロ ロ短調/piano solo【Allegro】

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)

シューマン:アレグロ ロ短調/piano solo
1830年、シューマンはパガニーニの演奏を聴き深い感銘をうけた。それをきっかけにヴィルティオーゾへの道を志し、20歳にしてようやく専門的に音楽の勉強を始めた。この頃「アベック変奏曲」と「トッカータ」 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

シューマン:アレグロ ロ短調/piano solo」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シューマン:アレグロ ロ短調/piano soloの関連情報

関連キーワード

奴隷制廃止運動産業革命民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)シャルルルイフィリップ赤と黒

他サービスで検索

「シューマン:アレグロ ロ短調/piano solo」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.