Rakuten infoseek

辞書

シュードラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュードラ
Śūdra
インドのカーストのうち,第4番目の最下層のカースト。いわゆる隷属民に相当する。古来インド法典は,各カーストについてそれぞれ遵守すべき義務を規定しており,シュードラの義務は,上位3カーストの人々に対する奉仕であるとしている。初めはアーリア人によって征服された先住民がその主体であったが,次第に農民職人をさすようになり,抑圧され差別された不可触民とともに,ヒンドゥー教徒の大多数を占めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュードラ【śūdra】
インドの4バルナ(種姓)の最下位に置かれた隷属民。バルナ制度が成立した後期ベーダ時代にシュードラとして位置づけられたのは,主としてガンガー(ガンジス川)上流域に進出したアーリヤ人の支配下に入った先住民であった。彼らはエーカジャekaja(一生族)と呼ばれてバラモンの指導するベーダの宗教から除外され,バラモン,クシャトリヤバイシャの上位3バルナ(ドゥビジャdvija(再生族),アーリヤ)から社会生活のあらゆる面で差別を受けた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュードラ
しゅーどら
dra
古代インドにおいて成立した四つの社会階層(バルナ)の一つで、上位3バルナに奉仕する者の階層。
 4バルナ社会理論においては、シュードラは一生族、すなわち、学問を始めるためのウパナヤナの儀式(入門式)を受けることによって二度目の誕生をもつ必要のない者として、再生族から区別された。古典の法典類には、ベーダVedaの詠唱を聞いたシュードラの耳には溶かした鉛を注ぐとされるなど、厳しい差別的な規定がみられる。しかし、実際に規定どおりのシュードラ差別が行われていたのかという点については、かならずしも明確ではない。中世カースト制度においては、農民や手工業者など、不可触民以外のすべての直接生産者カーストがシュードラに属するとされた。これらのシュードラの諸カーストの家庭において、バラモンが家庭司祭(ウパーディヤー)として、結婚式などの祭式を行っていたのであるから、古典の規定とは大きく異なっていたのである。[小谷汪之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュードラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュードラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.