Rakuten infoseek

辞書

シュワン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュワン
Schwann, Theodor
[生]1810.12.7. ノイス
[没]1882.1.11. コロネ
ドイツの生理学者,解剖学者。ボン,ベルリン両大学で医学を学んだのち,ベルリン大学で J.ミュラーの助手をつとめる (1834~38) 。 1836年,消化作用をもつ物質を胃液から取出すことに成功,ペプシンと名づけた。これは動物の体から酵素を抽出した最初の例となった。 37年,発酵や腐敗を研究し,これらが微細な生物の行う生命活動によることを実証。物質の化学反応でこれらの現象を説明しようとする J.リービヒとの間で激しい論争を展開した。 39年に『動物および植物の構造と成長の一致に関する顕微鏡的研究』を著わして,その前年に M.シュライデンが唱えた植物の体は細胞からできているという説を動物にまで拡張し,すべての動植物は細胞という小さな生物の集合から成り立っているという細胞説を唱えた。また,卵が単一の細胞であり,これが発生を経て個体になるという考えも示している。 39年,シュワンはドイツを去ってベルギーに移り,ローベン大学 (39~48) ,リエージュ大学 (48~79) の教授をつとめた。ほかに解剖学的な研究業績も残しており,神経繊維を研究して軸索を包む鞘を発見,今日「シュワン細胞」と呼ばれている。生物の組織が行う化学反応を表わすものとして「代謝」という言葉をつくったのも彼である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シュワン(Theodor Schwann)
[1810~1882]ドイツの動物生理学者。胃液のペプシン、神経のシュワン鞘(しょう)を発見。また、生物体の構造ではシュライデンとともに細胞説を提唱。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュワン【Theodor Schwann】
1810‐82
ドイツの生理学者。ノイスに生まれ,ボン大学その他で医学を修めたのち,1834年ベルリン大学のJ.ミュラーの助手となる。以後5年間におこなった研究は多方面に及び,胃液中のペプシンの発見,神経繊維のシュワン鞘(しよう)の記載等があるが,最大の功績は細胞説を確立したことにある。すなわち,M.J.シュライデンの示唆を受け,脊索・軟骨その他広範な動物組織が細胞またはその変形物で成り立っていることを確認した(1838)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シュワン【Theodor Schwann】
1810~1882) ドイツの動物生理学者。シュライデンとともに細胞説を提唱。消化酵素ペプシンや神経のシュワン鞘を発見したほか、発酵や腐敗が微生物によって起こるという考えも示した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュワン
しゅわん
Theodor Schwann
(1810―1882)
ドイツの解剖学者、細胞学者。ライン地方のノイスに生まれる。ボン、ウュルツブルク、ベルリンの各大学に学び、卒業後ベルリン大学のJ・P・ミュラーの助手となった。1839年ルーバン大学の解剖学教授となり、数年後リエージュ大学に移って、終生同大学の教授を務めた。ベルリン時代の若いころに、細胞学説の提唱、神経のシュワン鞘(しょう)の発見、筋肉の生理学的研究、胃液のペプシン作用の発見、アルコール発酵の研究などの貴重な仕事を成し遂げた。細胞学説で、動物体および植物体はともに単細胞、または細胞の複合よりなることを説き、それまでほとんどの研究者が厳然と区別した動物と植物を、同一の次元で観察した。
 シュワンの『回顧談』(1878)によれば、ベルリンで植物学者M・J・シュライデンと昼食をともにしたとき、植物細胞の発達に対して細胞核のもつ意義をシュライデンから知らされたのがきっかけで、魚の脊索(せきさく)の細胞核を観察し、同じ原理が動物にも当てはまることを確認したのだという。1839年にこの説を『動植物の構造と生成の一致に関する顕微鏡的研究』Mikroskopische Untersuchungenにまとめている。[古川 明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シュワン
(Theodor Schwann テオドール━) ドイツの解剖学者。細胞説を確立。胃液中の酵素を発見し、ペプシンと命名。また、神経の研究では「シュワン鞘(しょう)」の名を残している。主著に「動植物の構造と成長の一致についての顕微鏡的研究」。(一八一〇‐八二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュワン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュワンの関連情報

関連キーワード

クライストペルス=ライケンブラウン神谷源内植村文楽軒フェルセンケレタロウェルナー(Zacharias Werner)スペイン独立戦争パッフ(Johann Friedrich Pfaff)

他サービスで検索

「シュワン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.