Rakuten infoseek

辞書

シュワン細胞【シュワンさいぼう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュワン細胞
シュワンさいぼう
Schwann's cell
神経繊維 (軸索) の側面に付着している随伴細胞。この細胞がつながり合って,神経繊維を包む神経鞘をつくっているので,神経鞘をシュワン鞘ともいう。シュワン細胞の細胞膜は神経繊維の周囲に沿って伸び広がり,何重にもこれを包み込んで,同心円状の細胞膜の重なりによる鞘をつくることができる。これが有髄神経の髄鞘あるいはミエリン鞘である。シュワン細胞はその組織学的位置づけにおいて,中枢神経系でのグリア細胞 (膠細胞) と対応させられるものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅわんさいぼう【シュワン細胞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シュワンさいぼう【シュワン細胞】
末梢神経系のグリア細胞の一つ。神経細胞の軸索をいくつか束ねたり、軸索の周囲に髄鞘を形成する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュワン細胞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュワン細胞の関連情報

他サービスで検索

「シュワン細胞」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.