Rakuten infoseek

辞書

シュワルツワルト山地【しゅわるつわるとさんち】

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュワルツワルト山地
しゅわるつわるとさんち
Schwarzwald
ドイツ南西部の山地。「黒い森」の意。ヨーロッパ中部のヘルシニア山系に属する。ライン地溝帯の東側に北北東―南南西の方向に延び、長さ160キロメートル、幅は北部で20キロメートル、南部で60キロメートル。西側は比較的急傾斜であるが、東側は緩やかな斜面をなす。キンツィヒ川により北部と南部に分かれ、北部の最高峰はホルニスグリンデHornisgrinde山(1164メートル)、南部の最高峰はフェルトベルクFeldberg山(1493メートル)。北部は中生代の赤色砂岩が卓越し、南部は花崗(かこう)岩や片麻(へんま)岩からなる。全般に山容はなだらかで、降水量が多く(とくに西斜面では年2200ミリメートル)、斜面は森林(主として針葉樹林)に覆われるが、緩やかな部分には牧草地が開け酪農が行われている。ティティ湖Titiseeなどの美しい湖や多くの保養地があり、観光・保養客が多い。山間部では精密機械、木製品、繊維などの工業が行われている。[浮田典良]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュワルツワルト山地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュワルツワルト山地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.