Rakuten infoseek

辞書

シュナウザー

デジタル大辞泉

シュナウザー(schnauzer)
《「シュナウツァー」とも》犬の一品種。ドイツ原産。被毛は硬く、口ひげ状の長毛を有するのが特徴。中形のスタンダードシュナウザーのほか、大形で牧羊犬などに用いられるジャイアントシュナウザー、小形で愛玩用のミニチュアシュナウザーがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典

シュナウザー

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅなうざー【シュナウザー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュナウザー
しゅなうざー
schnauzer
哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、ドイツ原産。頑健でしっかりした体つきの犬種で、大形、中形、小形の3タイプがみられ、いずれも体型はほぼ正方形。被毛は針金状で堅く、口吻(こうふん)、目の上などに、口ひげ、眉毛(まゆげ)状の長毛を有する。大形のものはジャイアントシュナウザーとよばれ、農場作業犬、牧羊犬とされ、日本でも第二次世界大戦前は警察犬として活用された。体高60~70センチメートル。毛色は黒、ペパーエンドソルト、ブラックエンドタンなど。中形はスタンダードシュナウザーといわれ、体高43~50センチメートル。本種が基礎となって大形、小形が作出された。牧羊犬、家庭犬として用いられ、毛色はペパーエンドソルト、黒である。小形のミニチュアシュナウザーはテリアタイプの陽気で活発な犬種で、3種のうちもっとも人気がある。体高30~35センチメートル。毛色はペパーエンドソルト、黒、ブラックエンドシルバーなど。各タイプとも断尾し、断耳することもある。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュナウザー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュナウザーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.