Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

シュテファン=ボルツマンの法則【シュテファン=ボルツマンのほうそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュテファン=ボルツマンの法則
シュテファン=ボルツマンのほうそく
Stefan-Boltzmann's law
温度 T黒体の単位表面積から単位時間に放出される全エネルギー (すべての振動数を含む) ET の4乗に比例するという法則。これは,J.シュテファンが 1879年に測定値をもとにして見出した実験式であるが,84年に L.ボルツマン熱力学を使って理論的に導き出した。この法則E=σT4 と書くとき,比例定数 σ をシュテファン=ボルツマン定数という。 σ の値はプランクの放射式から求めることができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュテファンボルツマンのほうそく【シュテファン=ボルツマンの法則 Stefan‐Boltzmann’s law】
黒体がその表面の単位面積当り単位時間に出す放射エネルギーEは黒体の絶対温度Tの4乗に比例するという法則。すなわち,E=σT4。比例定数σはシュテファン=ボルツマン定数と呼ばれ,ボルツマン定数をk,プランク定数を2πで割ったものをħ,真空中の光速度をcとして,σ=π2k4/60ħ3c2=5.67032J/m2・s・K4である。ET4に比例することは1879年にJ.シュテファンが述べたものであるが,その根拠は,熱した白金線の出す全放射エネルギーが1200℃では525℃のときの11.7倍になるというJ.ティンダルの実験(1875)にあり,事実,絶対温度を用いると(1473K/798K)4が11.7に近くなるのだった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シュテファン=ボルツマンの法則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュテファン=ボルツマンの法則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.