Rakuten infoseek

辞書

シュタール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュタール
Stahl, Friedrich Julius
[生]1802.1.16. ミュンヘン
[没]1861.8.10. バート・ブリュッケノウ
ドイツの政治哲学者,政治家。プロシア保守主義の代表的な思想家。当初 Julius Golsonという名のユダヤ教徒だったが 1819年にルター派に改宗し改姓,同化した。ウュルツブルク大学,エアランゲン大学,ベルリン大学などの教授を歴任する。三月革命以後,ゲルラハ兄弟らとともに『新プロシア新聞』 (『十字新聞』) を発刊し,「所有権保護協会」を結成した。 49年以降プロシア議会議員。シェリングの影響を早くから受け,合理主義的自然法原理を否定して,ルター派の立場から宗教的啓示を基礎とした法学,政治学の確立に努力した。主著法哲学』 (1830~37) のほか,『君主制原理』 (45) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタール
Stahl, Georg Ernst
[生]1660.10.21. フランコニア,アンスバハ
[没]1734.5.14. ベルリン
ドイツの化学者,医者。イェナ大学で医学を修め,ワイマール公侍医 (1687) ,ハレ大学の医学,植物学,生理学,薬学教授 (94) 。プロシア王の侍医となってベルリンに定住 (1716) 。師 J.ベッヒャーの思想を発展させ,初めて包括的な燃焼理論「フロギストン説」を打立て,酸,塩基,塩の区別を確立して,その後の化学思想に深い影響を与えた。また生理現象と化学作用の深い結びつきを信じ,さらに生命過程に特有のものとして独特のアニマの理論を展開した。それによれば,アニマ (精神) が身体から去ると死が起り,出血や発熱はアニマのもつ障害除去の方法の1つであるとしている。主著『アニミズム』 Animism (08) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタール
Stahl, Hermann
[生]1908
ドイツの小説家,詩人,画家,舞台装置家。小説『オデュッセウスの帰郷』 Die Heimkehr des Odysseus (1940) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シュタール【Friedrich Julius Stahl】
1802‐61
ドイツの法哲学者,政治家。はじめゴルゾーンJulius Golsonといったが,1819年ユダヤ教からルター派に改宗するとともに改姓した。27年からミュンヘン大学私講師,ビュルツブルク,エルランゲン各大学の教授を歴任し,40年以降ベルリン大学教授。主著は《法哲学》2巻(1830‐37)。シェリングの影響を受け,自然法理論などの合理主義的思考を排して,非合理主義哲学,キリスト教的世界観にもとづく国家理論を展開した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

シュタール【Georg Ernst Stahl】
1660‐1734
ドイツの医者。イェーナ大学で医学,化学を学び,同校講師を経てハレ大学教授となり,生理学,病理学,薬物学植物学を教え,晩年をベルリンの宮廷医として送った。生気論派の彼は,機械論派のF.ホフマン,物理化学折衷派のH.ブールハーフェとともに,体系医学派の3大家といわれる。彼のアニミスムス(精神論)によれば,アニマは感覚,運動,栄養摂取,排出など,あらゆる生活現象の本源で,外的有害要素に対するアニマの反応が疾病であり,この力を補うことを治療方針とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

シュタール【Stahl】
〔Friedrich Julius S.〕 (1802~1861) ドイツの政治学者・政治家。キリスト教国家観に基づく国家理論を展開し、プロイセン保守主義に理論的基盤を与えた。著「法哲学」など。
〔Georg Ernst S.〕 (1660~1734) ドイツの医学者・化学者。精神をあらゆる生理病理現象の本源とし、唯物論に対抗して生命の思想を主張、またフロギストン説を唱えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シュタール
しゅたーる
Georg Ernst Stahl
(1660―1734)
ドイツの医学者、化学者。プロテスタントの牧師の子としてアンスバハに生まれる。イエナ大学で医学を修めたのち、ワイマール侯侍医、ハレ大学教授(1694)を経て、プロイセン宮廷医(1715)となる。『真正医学論』(1707)や『硫黄(いおう)についての論争』(1718)など多数の著作を発表した。
 医学理論において、生物と無生物とを峻別(しゅんべつ)し、前者にはその活性原理である非物質の理性的「アニマ」が存在し、生命諸活動を統轄するというアニミズムを唱えた。疾病はこのアニマの誤謬(ごびゅう)や外部からの阻害から生じ、治療はアニマによる自然的過程を援助することにあり、医化学を否定して瀉血(しゃけつ)などの排出療法を旨とした。このアニミズムは当時の機械論的趨勢(すうせい)に対する反動であったが、18世紀後半の生気論の台頭の先鞭(せんべん)となった。
 化学における彼の影響は著大であった。冶金(やきん)や硫酸製造が重要産業であったこの時代には古代以来の四元素説は不十分なものとなっていた。シュタールはベッヒャーの色や可燃性の原質「油性の土」をフロギストン(燃素)と改名し、燃焼とは可燃物中のそれが空気中に逸出する過程であるとした。金属や硫黄、木は燃焼するとそれぞれフロギストンおよび金属灰、煙霧(水と結合して硫酸になる)、灰を生成する。植物は空気中のフロギストンを吸収してそれに富み、金属灰は木炭からそれを得て金属となる。フロギストン自体は単独では存在せず、直接の知覚はできないとした。また、定量的不整合、性質を担う元素という古い思考様式などの弱点をもっていた。しかし、酸素などの気体の知られていなかった当時、酸化現象一般をフロギストンという物質の移動によって統一的に理解した理論は化学者の支持を受け、18世紀末にラボアジエによってとどめを刺されるまで一時代を画した。[肱岡義人]
『川喜田愛郎著『近代医学の史的基盤 上』(1977・岩波書店) ▽島尾永康著『物質理論の探求』(岩波新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シュタール
[一] (Georg Ernst Stahl ゲオルク=エルンスト━) ドイツの医学者、化学者。ワイマール公侍医、ハレ大学教授、プロイセン宮廷侍医などを歴任。アニミズムの立場に立ち、アニマ(霊魂)が人間の生命機能をつかさどるとした。また、燃素(フロギストン)説を唱え、燃焼とは可燃性の原質が空気中に逸出する過程であると説明。主著「真正医学論」。(一六六〇‐一七三四
[二] (Friedrich Julius Stahl フリードリヒ=ユリウス━) ドイツの政治学者、法学者。キリスト教的国家論を説き、ドイツ統一を唱える保守主義の代表的思想家。主著「法哲学」。(一八〇二‐五五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

シュタール
シュタール
Stahl, Georg Ernst

ドイツの化学者.1684年イエナ大学で医学博士号を取得し,そこで化学を教えた後,ワイマールに招かれ宮廷付医師となる.7年後,新設のハレ大学で医学教授となり,医学と化学を教えた.1715年プロシア王フリードリヒⅠ世に招かれてベルリンで宮廷付医師となり,終生その地位に留まる.J.J. Becher(1635~1682年)の“地下の自然学”や“化学用語対照辞典”に多くを負いつつ,18世紀の化学を導く包括的な化学理論を形成した.主著は,“理論的実験的化学の基礎”(1723~1732年)と“普遍化学の哲学的原理”(1730年).フロギストン説の創始者として有名だが,それはかれの学説の根本ではなかった.むしろ,親和性の法則などにより,A.L. Lavoisier(ラボアジエ)以前のフランス化学界に,シュタール主義とよばれる枠組みを共有する学派を形成した点が重要である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュタール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュタールの関連情報

関連キーワード

グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスクベートーベン尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスクレ・バン・ズエト青木夙夜

他サービスで検索

「シュタール」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.