Rakuten infoseek

辞書

シュウェービッシェアルプ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シュウェービッシェアルプ
Schwäbische Alb
別称シュウェービッシャーユラ Schwäbischer Jura。ドイツ南西部,ドナウ川北岸の山地。ライン川東岸のシュワルツワルト山地から北東に約 160kmにわたり連なる。標高 700~800m。最高点は南西部のレンベルク (1015m) 。ジュラ系の地層から成り,高地では土壌はやせて,水に乏しく,人口はまばら。谷では牧畜,果樹栽培が行われるほか,一部では繊維・精密機械工業も行われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュウェービッシェアルプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シュウェービッシェアルプの関連情報

関連キーワード

パルラー家ビュルテンベルクムージルツキヨタケ

他サービスで検索

「シュウェービッシェアルプ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.