Rakuten infoseek

辞書

シャープペンシル【シャープペンシル】

大辞林 第三版

シャープペンシル
sharp+pencil〕
ばね仕掛けにより、鉛筆の芯を押し出して使う筆記具。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

シャープ‐ペンシル
《〈和〉sharp+pencil》鉛筆の芯を繰り出して使う筆記用具。シャーペン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

シャープペンシル
筆記具の一つ。1837‐38年ころ,アメリカのキーランが〈エバーシャープ〉(つねにとがっている)の商標で発売したのが最初といわれる。1877年(明治10)に日本に渡来し,東京浅草の飾り職人が模造製作した。当初は〈繰出鉛筆〉と呼ばれて,手工業生産であったが,大正期に機械生産へと移る。その時の製造業者のひとりに早川徳次(電気機械会社シャープの創始者)があげられる。1915年に売り出された〈スクリュウペンシル〉〈プロペラペンシル〉が翌年〈エバレディシャープペンシル〉と改称され,以後日本ではシャープペンシルが総称となる(英語ではメカニカル・ペンシル)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

シャープペンシル
mechanical pencil
機械的な操作で芯を軸から出し入れする筆記用具の一種。1838年にアメリカ合衆国のキーランが「エバーシャープ」(常に鋭い)の商標で発売したのが最初といわれる。日本には 1877年に初めて輸入され,1915年にはシャープの創業者早川徳次によって,早川式繰出鉛筆が独創された。これが「エバー・レディ・シャープ・ペンシル」という名前で販売され,人気を博したことで,単にシャープペンシルと呼ばれるようになった。当初は鉛筆のものと同様の芯が用いられていたが,1960年に結合剤として合成樹脂を使用した合成樹脂芯が日本で開発されたことにより,細くて強い芯が製造された。芯を送り出す機構によりノック式(ばね押し出し式),回転式,ドロップ式(振り出し式)に大別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

シャープペンシル
しゃーぷぺんしる
機械的な手法によって軸内の鉛芯(しん)を出し入れする、替芯式の筆記具。1822年にイギリスで単動式の繰り出し鉛筆がつくられたが、1838年にアメリカのキーランが「エバーシャープ」の名で製作し、販売したのが最初である。シャープの名はここからおこっている。日本へは1877年(明治10)に輸入された。国産では、1914年(大正3)に早川徳次(シャープ(株)の創業者)が、「早川式繰出し鉛筆」を製造したのが最初である。従来は鉛筆と同じ芯が用いられていたが、1962年(昭和37)に日本で初めて合成樹脂芯とよばれる、細くてしかも強い芯が開発されたことにより、実用品として一般に定着した。
 構造には大別してノック式(ばね押し出し式)、回転式、ドロップ式がある。一般的なのはノック式で、本体の一部を操作することによりばねが発動し、芯が押し出されて固定される方式。おもなものに、軸頭のノブを操作するノブノック式、軸の中央部にあるノブを操作するサイドノック式、キャップをスライドさせることにより芯を繰り出すキャップスライド式、筆記部と芯の両方の出し入れをノック操作でできるダブルノック式などがあり、予備芯が自動的に追従してくるものが多い。回転式は、らせんパイプを伝わって芯を出し入れするもので、単らせん式、交差らせん式(二色式)、先回し式がある。ドロップ式は、芯を適当な長さに出して固定する方式で、レッドホルダーとかドロップペンシルとよばれ、太芯の製図用である。最近では自動的に芯が出てくるノンストップ方式もある。芯径は0.3、0.5、0.7、0.9ミリメートルの4種類が一般的で、硬度は2B~4Hまであり、0.5ミリ芯にその種類が多い。[野沢松男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の大学ブランド商品

シャープペンシル
文房具
東京大学東京都文京区)の大学ブランド。
コミュニケーションマークの入ったシャープペンシル。価格は、500円(税込)。東京大学コミュニケーションセンター取り扱い。
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

シャープ‐ペンシル
〘名〙 (eversharp pencil から) 鉛筆の芯(しん)を少しずつ押し出して使う筆記用具。くり出し鉛筆。シャープ鉛筆。シャープ。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャープペンシル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャープペンシルの関連情報

関連キーワード

エバーシャープペンシルメルク(米国)記号の名称と意味iPad Pro缶ペンペンシルビルペンシルハウス三菱鉛筆ペンシルビル

他サービスで検索

「シャープペンシル」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.