Rakuten infoseek

辞書

シャンパンタワー

デジタル大辞泉

シャンパン‐タワー(champagne tower)
グラスをピラミッド状に積み重ね、一番上からシャンパンを注ぎ、下のグラスまで順に流れ落ちるさまを見せる演出。結婚披露宴などで行われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結婚式・ウェディング用語集

シャンパンタワー
シャンパンタワーとは、シャンパングラスをピラミッド状に積みあげ、一番上のグラスからシャンパンを注いで、順々に溢れて下まで流れ落ちる様子を見せる演出のことをいいます。クープ型というシャンパングラスが使用され、新郎新婦がシャンパンをそそぐ役を務めて、注がれたシャンパンはゲストにも振る舞われるます。光の演出と組み合わせるとグラスが輝いてさらにきれいに見えることから、最近では人気の演出です。シャンパンピラミッドともいいます。

出典:ウェディングプリンセス
©2005-2010 Wedding Princess All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャンパンタワー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャンパンタワーの関連情報

他サービスで検索

「シャンパンタワー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.