Rakuten infoseek

辞書

シャロン アレイヘム

20世紀西洋人名事典

シャロン アレイヘム
Shalom Aleichem


1859 - 1916
ソ連の作家。
ウクライナ生まれ。
本名Rabinovitz Solomon。
当時特殊用語と軽視されていたイディッシュ語で書き続け、又、年刊「イディッシュ人民文庫」(’88年)を発行し、ユダヤ文学興隆に寄与した。ロシア圧制下の小村落に住むユダヤ庶民の過酷な生活を、ユーモアと哀愁あふれる詩的な文章で描いているのが特徴で、代表作に「メナヘム,メンドル」(’92年〜’95年)、「牛乳屋テビエ」(’94年)などがある。’05年のユダヤ人虐殺事件後、国外に避難し、ニューヨークで死去した。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャロン アレイヘム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

シャロン アレイヘムの関連情報

関連キーワード

第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネットイースター蜂起牧野省三ブロッホビラフランカの和議余計者光の科学史袁世凱

他サービスで検索

「シャロン アレイヘム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.